【転職して何が悪い!?】僕が転職をするに至った理由




すぐに転職することは諦めが早い証拠!何も身につかないまま転職するなんてありえない。という認識が、あなたの周りにはありませんか?

僕が製造業の情報子会社から外資系ITコンサル企業に転職するときに、親にも当時の上司にも、「今の方が安定しているからいいんじゃないか」、「転職先がよくなかったらどうするの」と言われました。

僕が転職しようと思った理由は、前の会社がブラックであったとか、待遇が悪かったとかではなかったです。むしろホワイトで給料も平均以上だったのではないかと思います。

ただ安定した職場でのんびりと仕事することに不安があったんです。

この記事では、僕が転職時にどのように考えたかをお伝えします。

安定した職場だけど、これからどうなるか分からないという方の参考になればと思います。

【↓実際に私が転職し、年収100万円アップした話はこちらの記事でお伝えしています】

 ノマドSAPエンジニア
ノマドSAPエンジニア
https://tokulog.org/tensyoku-100up/
SAPエンジニアのための情報発信サイト

前職場の環境

僕が転職を考えるに至った、前の会社の環境をまずはご紹介します。

【いいところ】

  • 子会社のため、仕事は営業が取ってこなくても親会社からそこそこもらえる
  • 給与体系・福利厚生は親会社(一部上場)と同じで、世間の平均以上
  • 風通しが良く、意見が言いやすい
  • 縦も横も人間関係が良い

【わるいところ】

  • IT企業だが、親会社の制約で最新技術を取り入れられないため、スキルが伸びない
  • 親会社からある程度仕事をいただけるので、仕事を新しく取らないといけない空気がなく、基本的にゆるい
  • 設立して15年目で現在の部長クラスが引っ張ってきた会社。そのため中堅が育っておらず、それに引きづられ若手も育っていない状態。中堅・若手に任せられない体質

なぜ転職をしようと思ったのか

現在僕は29歳ですが、僕らの世代って70や75歳まで働かないといけない可能性って十分ありますよね。

またこのご時世、僕らが退職するまで、今ある企業のうち何%の企業が残っているんだろうか。僕らが就活をするときに、超一流企業の東芝やJALがこんなに傾くなんて誰も予想できなかったです。衝撃的でしたよね。。。

変化に対応できない企業は潰れていく時代なんですね。

僕の友人も東芝に勤めていたのですが、チャレンジという名の転職を社内で推奨する、いわゆるポジティブなリストラがあったようです。

社会人人生残り40年近くあります。

例えば35歳や40歳で急にリストラされた時、ゆる〜い会社で働き続けてきて、スキルもない状態だった場合、どうなるだろうか?と考えた時、このままではダメだ!って思ったんです。

ゆる〜い環境で、いい給料を貰いながら働いているよりも、使えない社会人になっていくことに不安があったんですね。

転職するなら若いうちだ!と思って転職に至った次第です。

転職先での環境

転職エージェントを介して、外資系のITコンサル企業に転職しました。

前の会社で5年間、ゆる〜く働いてきたので、同年代に求められているレベルに達しておらず、日々勉強勉強です。直接的にスキルがないことを咎められませんが、ついていくのに必死です!

転職してよかったなと思うのは、やはり毎日成長を感じます。

また実力主義のため、自分の成長を周りが認めてくれる文化であるし、その分自分の裁量が増えて、仕事もどんどん面白くなっていきます。

親会社の制約みたいなものもないので、自分たちがベストだと思える最新技術があれば、それをお客様に提案できます。制約のためできません!という歯がゆい思いもしません。

みんな転職を経験すべき??

転職して、みんながみんな成功するとは限りません。

しかし、一生1つの会社のままだと、それが当たり前・正しいという価値観になります。

人間、今の会社がベストだと思い込みたくなるものです。しかし、1度外に出てみると、今の会社のおかしな文化や他にもいい会社があるということが見えてきます。

転職することは今より待遇が悪くなる可能性があるので、勇気がいることですが、これから70歳まで働かないといけないことを考えると、他の世界も見てみてもいいのではないかと思います。

社会人としても色んなことを経験している方が、厚みも幅も出ます。

転職するなら早いに越したことはありません。

まずは転職エージェントに登録し、情報収集するだけでも、自分の現状の市場価値というものが知れるので、転職しなくても登録するだけでもオススメします。

 

私のオススメの転職エージェントをこちらにあげました。

大手は、幅広く情報を収集するため、

IT特化は、ベンチャーや小さくても素晴らしい企業の情報を収集するためです。

少なくとも、1つずつ登録し、まずは広く情報収集し、あなたの市場価値を測ってみましょう。

 

大手
リクルートエージェント 案件総数・内定決定数、No.1の国内最大手
JACリクルートメント ハイキャリア向けの案件多数。JACしか扱っていない案件もあります
doda 国内No.2 大手企業向け案件に定評があります
パソナキャリア 外資系転職エージェント 手厚いサポート・フォローが充実
IT特化
レバテックキャリア
IT業界・Web業界に特化 無理な転職は勧めず、転職者に寄り添ったサポートに定評があります
WORKPORT
IT業界・Web業界から始まり、総合型転職エージェントへ成長。そのためメジャーからニッチな企業まで幅広い案件を扱っています。
アイムファクトリー
ミドル層の社内SEへの転職に実績があります

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。