転職したら給料が下がるはウソ?転職で年収が100万円上がった筆者実体験の話




転職すると年収が下がるってよく聞きますよね。

「年収が下がるなら、今の会社でいいかな」と、転職するのもためらってしまいますよね。

しかし、僕はレバテックキャリアをエージェントとして利用し、2社内定をもらい、そのうち1社は現状の年収からプラス100万円も上がる結果になりました。

ここでは転職で年収が100万円アップした私の体験談を紹介します。

【↓↓今すぐレバテックキャリアに登録したい方はこちらから】
レバテックキャリア

100万円年収がアップした筆者の体験談

転職前の職場環境は、ゆる~いところ

大手製造業の情報子会社に新入社員から入り、5年間働いていました。

ちなみに給料は初年度が380万円。5年目が470万円でした。

環境としては、

【いいところ】

  • 子会社のため、仕事は営業が取ってこなくても親会社からそこそこもらえる
  • 給与体系・福利厚生は親会社(一部上場)と同じで、世間の平均以上
  • 風通しが良く、意見が言いやすい
  • 縦も横も人間関係が良い

【わるいところ】

  • IT企業だが、親会社の制約で最新技術を取り入れられないため、スキルが伸びない
  • 親会社からある程度仕事をいただけるので、仕事を新しく取らないといけない空気がなく、基本的にゆるい
  • 設立して15年目で現在の部長クラスが引っ張ってきた会社。そのため中堅が育っておらず、それに引きづられ若手も育っていない状態。中堅・若手に任せられない体質

といった感じです。

5年目で現状の職場に不安を抱く

ゆる~い環境のため、自分自身が成長している感じがなく、高校や大学のときの友達と飲んでも、仕事について何も話せることがない自分に気づきました。

ゆる~く、給料も良くて、大企業の情報子会社だから安定している。けどこのままで本当にいいの!?と不安になり、IT業界について情報収集を始めました。

すると、ITPro(https://tech.nikkeibp.co.jp/top/it/index.html)の記事を書いている、木村岳史さんの「木村岳史の極言暴論!」という連載記事を読み、今の職場のままでは、35,40歳になったときに腐ったオジさんになってしまう!

と思い、思い切って転職活動してみようと思いました。

僕の現状のヤバさを気づかせてくれ、転職活動への一歩を踏み出させてくれた木村さんの記事が気になる方は、ぜひITProを見てみてください。

レバテックキャリアに登録して、2か月で2社の内定をもらう

レバテックキャリアに登録して早々、担当の方と面談をし、書類審査→1次面談→最終面談というステップを経て、計2社の内定を2か月でもらえました。

1社は現状と同じ年収、もう1社は現状からプラス100万円の年収を提示いただけました。

数ある転職エージェントの中で、なんでレバテックキャリアなの?

実はレバテックキャリアだけでなく、リクルートエージェント、DODAと3つのエージェントに、まずはWeb登録しました。

ネットの事前情報収集で、エージェントと面談をすると、ぐいぐいと来られて、いろんな会社を受けさせられるということを知っていたので、まずは3社の面談が終わってから、自分の意志で、書類選考に出す会社を選定しようと思っていました。

エージェント3社と面談をしてみて、印象としては、リクルートエージェント・DODAは、幅広く案件を持っていて、知らない会社に巡り合える可能性の高さは感じました。

実際に、リクルートエージェントからは、私の要望に合った、おもしろそうなベンチャー企業を紹介されました。

しかし、なぜ最終的にレバテックキャリアを選んだかというと、担当の方がかなりIT業界への転職に専門的だったということです。

具体的に言うと、紹介いただいた1つ1つの企業の業務・特徴・業界内での立ち位置・私が転職すれば得られるメリット/デメリットなどを詳しく説明いただきました。

実はレバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントなので、IT・Web業界に詳しい担当の方ばかりなのです。

そのため、IT・Web業界で転職をする場合には、レバテックキャリアは外せないエージェントです。

転職してみて、給料が増え、自由な働き方ができるように!

転職は、年収100万円アップを提示いただいた企業に転職しました。

外資系ITコンサルで、自由な風潮で、年齢・性別に関係なく、実力ある人がマネージャーとなり、実力がない人は居場所がなくなり、別の会社へ転職していくといった会社です。

実際に自分の力が及ばず、厳しいと思うこともありますが、仕事に無駄がなく、成果を上げるために一直線に向かっていくといったところが大好きです。

自由な風潮もあり、成果を出し、仕事に支障をきたさないのであれば、在宅ワークも推奨していて、自由な働き方ができます。

転職して、変な社内政治などの人間関係もなく、仕事に一直線に望めるので、ストレスは減り、年収もアップし、ウハウハな状態です。

年収を取るか、安定を取るか どっちも取ったらいいんです!

転職すれば、年収が下がる可能性があるし、今の生活水準を下げたくないから、転職はやめておこう。。。

とお考えのあなた!

あくまでの下がる可能性があるというだけです。

情報収集をすれば、年収が上がる企業も見つかります!

転職活動する前から決めつけず、まずは情報収集をしないことには始まりません。

【↓↓情報収集のために今すぐ登録】

レバテックキャリア

行動して現状を変えよう!

今の職場に不安や不満を抱いているだけでは、何も変わりません。

レバテックキャリアに登録するだけで、今の求人情報が見れ、IT業界に他にどんな会社がどんな仕事内容・給料・福利厚生で募集をかけているのかが分かります。

登録して、他社の求人情報を見るだけでもタダなのです。

また、転職活動をしても、最終的にやっぱり自分の会社がいいや、となって転職しないという選択肢も取れるのです。

迷っているなら、まずは登録して情報収集をし、今のあなたのやりたいことができる会社や、あなたの市場価値を測ってみるべきです。

【↓↓チャンスを逃さないために今すぐ登録】

レバテックキャリア




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。