情シスの役割【社内のみんなにもっと認められたい!】




情シスの役割って何でしょうか?

周りの業務部門からどのような役割に見られていますか?

システムのお守をしている部門って見られていませんか?

システム運用保守も立派なお仕事です。

けれど、会社にとって、情シスとは他にももっと大切な役割があります。

その役割を再度認識して、周りの部門に、情シス頑張ってるね!頼りになるね!って見られるように頑張っていきましょう!

情シスの役割って?

情シスの役割はシンプルにこの2つです。

  • 役割1:システムを入れること!
  • 役割2:入れたシステムを運用すること!

超シンプルですね!笑

会社の役に立つシステムを入れて、みんなが快適に使えるように運用すること、の2つです。

この2つの役割をこなすために、どんな仕事のやり方をすればいいか見ていきましょう。

システムを入れるには?

システムを入れるには、次の3つのスキルが必要になります。

  • 業務知識
  • ITスキル
  • プロジェクトマネジメント
業務知識

どんなシステムを入れれば、会社や現場部門に貢献できるかを理解するには、現場の業務知識が必要です。

業務にマッチしないシステムを入れても、業務部門は使ってくれません。もったいないですよね。。。

少しでも業務が楽になる、そんなシステムを入れるには、情シスが業務を理解した上で、業務部門と対等にディスカッションをして、良いシステムを作り上げていく必要があります。

ITスキル

もちろんですがITスキルがなければ、システムを入れることはできません。

ITスキルがあれば、今あるシステムとの連携を考えられたり、よりよいシステム導入の方法を考えられるので、同じシステムでもITスキルがある人と、ない人が入れたのでは、効率性や費用面でも大きな差があります。

またITスキルがなければ、システムを作るのにかかる時間や、お金の見積もりができません。

最低限のITスキルは身に着けておきましょう。

プロジェクトマネジメント

システムを作るのに、ひとりで作ることはほとんどありません。

規模が大きくなればなるほど、プロジェクトマネジメントをしなければなりません。

プロジェクトの進め方、費用の管理、現場部門とのやり取り、上層部へ報告など、プロジェクトをコントロールするスキルが必要になります。

また、プロジェクトメンバーをあなたの情シス内部だけで賄えない場合は、ベンダーに依頼をしてベンダーマネジメントもする必要があります。

プロジェクトマネージャー次第で、プロジェクトの成功がかかっていると言っても過言ではないので、マネジメント力は必須になります。

どうやってスキルをつけていくの?

20代のうちから、すべてのスキルが付いていなくても大丈夫です。

プロジェクトを通して、1つ1つスキルを伸ばしていきましょう。

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトに入らないと分からないスキルなので、機会があれば、積極的に参加しましょう。

↓↓本でスキルを身に付けるたい人は、こちらの記事を参考にご覧ください。

 ノマドSAPエンジニア 
ノマドSAPエンジニア
https://tokulog.org/recomend-10books/
SAPエンジニアのための情報発信サイト

入れたシステムを運用するには?

システムを運用するには、次の3つの心得が大切です。

  • 業務部門と密に接する
  • 改良の余地を考える
  • 最新技術に敏感になる

システムを入れるための3つのスキルがあることが前提です。

ではさっそく見ていきましょう。

業務部門と密に接する

システム入れたから終わり~、使ってね~

ではなく!

システムを入れた後も、業務部門がシステムを想定通りに使っているか、使っていて困ったことはないか、しっかりフォローしましょう。

何か問題が起こっても、すぐにフォローすれば、情シスさん頼りになる!ってなりますから。

改良の余地を考える

また密に業務部門とコミュニケーションを取っていれば、システムの改善要望はおのずと出てきます。

情シス目線でも、もっとこういう使い方をしてくれれば良い分析ができるのに、なんで使ってくれていないんだ? とか業務部門に対する不満も考えてみましょう。

もしかしたら、ボタンの位置が分かりにくかったり、使い勝手が悪いだけで使ってくれていないということもあるかもしれません。

システムは入れて終わり~♪ ではありません。(それじゃあ情シスの自己満足ですよね。)

システムを入れた後も、業務部門と一緒にシステムを成長させていきましょう。

最新技術に敏感になる

システムの運用ばかりしていると、現状に満足して、最新技術にうとくなります。

同じシステムを運用して10年~♪ では、もし仮にあなたが新しいプロジェクトに入っても、何も知らない使い物にならない30代、40代になってしまいますよ。

そうならないために、常に最新技術の情報を収集し、もしできるなら運用システムに取り入れられないか検討してみてもいいかもしれません。

さいごに

情シスの役割はシンプルに、

  • 役割1:システムを入れること!
  • 役割2:入れたシステムを運用すること!

の2つです!

周りの部門からシステムのお守と思われがちですが、業務スキル・ITスキル・プロジェクトマネジメント力をつけ、業務部門を引っ張って、業務部門の役に立つシステムを入れましょう!

また、システムを入れただけで満足せず、業務部門に寄り添って、システムを成長させていきましょう!

業務部門を引っ張って、業務部門に寄り添うことにより、周りがあなたを見る目が変わると思いますよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。