情シスに向いてる人ってどんなひと?【ITが苦手でも大丈夫!】




メーカーに就職したけど、配属が情シスになってしまった。

営業や製造なんかと違って、情シスって何をやっているのか分からない。

情シスに入ったけど、自分に向いているのだろうか。。。

不安になってきますよね。

でも情シスは、ITが苦手なヒトの方が、むしろ向いているのです!

その理由をこの記事で解説していきます。

情シスに向いてそうな人と比較してみよう

情シスに向いてそうなひとのイメージ
  • いわゆる理系
  • ITに詳しいオタク
  • システムに詳しい
  • 現場の業務より、ITに興味がある
  • 人と向き合うより、パソコンと向き合いたい
  • プログラミングができる
  • 難しいIT用語をたくさん知っている

など、大学時代に培った、パソコンの知識やシステムの知識を使って、ITに強いイメージがありますよね。

一方で、なんでわたしが情シスに!?と思った人は、こんな特徴が当てはまるのではないでしょうか?

情シスに配属されたことが分からないあなた
  • いわゆる文系
  • ITに詳しくない
  • Word, Excel, Power Pointは、わかる!
  • ITより、現場業務に興味がある
  • パソコンに向き合うより、人と向き合ってコミュニケーションをとりたい
  • プログラミングは、なんのこっちゃさっぱり。
  • 難しいIT用語なんて聞いただけで、あたまが痛くなる

などなど、なんでITにうとい、あなたが情シスに配属されたかわからないですね。

なんでなんでと思えば思うほど、仕事へのモチベーションが下がっていきますよね。

実は情シスには、文系出身者が向いている!

情シスの仕事は、現場部門のひとと会話し、一緒にITのチカラで現場改善をしていく部門です。

アクセンチュアやデロイトなどの、ITコンサルも同じような仕事をしていて、ITコンサルのトッププレーヤーには、実は文系大学出身というヒトが多いのです。

その理由は、つぎの3つに分けられます。

コミュニケーション能力が高い

情シスは現場をよりよい環境にしていくために、現場担当者とコミュニケーションをとりながら仕事を進める必要があります。

あなたがパソコンに向き合って、ひとりよがりなシステムを作っても、現場担当者が使ってくれるシステムはできません。

あなたが新人であれば、ゼロから関係を作り上げていかなければ、良いシステムはできません。

いわゆるチームビルディングのチカラが必要なんですね。

今までパソコンに向き合ってきた人より、ヒトと向き合ってきたあなたの方がコミュニケーション能力は、天と地ほど差があります。

土台としてコミュニケーション能力があれば、パソコンに詳しくなくても、情シスとしていい仕事はできるのです。

いままでの枠にとらわれない発想ができる

ITのことを分からない方が、枠にとらわれない新しい発想ができます。

ITは、こんなことができたら便利! ということは、近年の技術の進歩によって、できることが増えてきました。

少しだけITをかじっていたり、古い技術しか知らない人は、今までの考えに縛られて、できないと決めつけてしまうことが多いのは事実です。また、頑張ればできると分かっていても、どれだけ大変かということが分かるので、鼻からできないと決めつける人も多いです。

情シスに求められているのは、できないと決めつけて、やらない判断をすることではありません。

新しい発想で、現場の改善や、質のいい情報を提供することです。

IT技術の進歩は、とてつもなく速いので、今や過去に固執することなく、固定概念に縛られない発想をすることは、とても重要なのです。

さいごに

必ずしも情シスに向いているのは、IT技術・PCに詳しい人や、理系なヒトではありません。

むしろコミュニケーション能力が高いヒトであったり、今までの概念に縛られることなく新しい発想ができるヒトの方が、情シスとして会社に貢献していたりします。

ITの知識やスキルは、情シスに入ってからも付けることができます。

けれどコミュニケーション能力や、新しい発想というのは、身につけることはなかなかできません。

なんで情シスに配属されたのだろう? という疑問や不安があるかと思いますが、それは会社が、あなたのコミュニケーション能力や新しい発想に、適性を見出した証拠です。

これから会社をよりよくしていくために、現場のヒトとコミュニケーションを密に取り、新しい発想で、システムを改善させていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。