PowerPointを使いやすいようにカスタマイズしよう【目の悪い人におすすめ!】




最近、目が悪くなってきて、パワーポイントの表示を大きくした状態で作業するようになりました。

「大きくする」というのは、パワーポイントの右端にある△を押して、ちょっとだけ大きく表示させることです。

でも、こうなると文字の色を変えたり、図形の枠線を変えたりしようとするたびに、メニューを開かないといけなくなりますよね。

すっごい不便!!!!!!

でも目が悪いから大きく表示しておきたい!!!!!!

 

そんなヒトのために、この記事ではツールバーのカスタマイズ方法をお教えします。

ツールバーってなに??

ツールバーっていうのは、パワーポイントの左上にある、ここのことです。

初期設定だと、

  • 上書き保存
  • 戻る
  • 進む

の3つだけですね。

ここに、あなたがよく使うメニューを追加していきましょう。

よく使うメニューを追加しよう

メニューを追加する、ということは、ツールバーに「図形の色変更」、「文字の色変更」など、あなたのよく使うメニューを追加するということです。

手順は3つ!

 

【手順1】ツールバーの右端にある▽をクリック → 「その他のコマンド(M)」をクリック

【手順2】よく使うメニューを選択して、「追加(A)」をクリック

 

【手順3】OKボタンをクリック

すると、追加メニューが表示されています。

【オススメ!】追加しておくべきメニュー

わたしが追加しておくべきオススメのメニューはこちらの6つです。

  • 図形
  • 塗りつぶし
  • 輪郭の色を変更
  • 図形の編集
  • オブジェクトの配置
  • フォントの色

よく使う 図形関係 + フォントの色 を入れています。

さいごに

ツールバーに、あなたがよく使うメニューを追加しておくことにより、ページの表示を大きくした状態で、作業をすることができます。

  • 大きい表示にした状態で作業効率もアップ!
  • 目にも良い!
  • よく使うメニューがまとまっていて楽!

といったメリットがあります。

ぜひ、あなた専用のツールバーにカスタマイズしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。