未経験からIT業界への転職は不可能な理由【不可能を可能にする方法!】




外資系ITコンサル会社で働いている、じょにです。

最近、IT業界への転職者数が増えてきている気がします。

実際に、うちの会社にも月100人以上の中途入社者が入ってきています。

けれどIT未経験なため、仕事で苦労されている人もよく見かけます。

(上司が期待しているパフォーマンスを出せていないため、パワハラスレスレの待遇を受けている人も実際にいます。。。)

 

正直、未経験者がIT業界へ転職し、成功することは不可能です!

転職できても、つらい思いをするだけです。

 

しかし、1つだけ不可能を可能にする方法があるんです!

その方法をこの記事では、お伝えします。

IT業界の魅力

IT業界に入って7年が経ちますが、魅力的な業界です。

いろいろなものがIT化され、仕事もなくならない状態です。

技術も進歩していて、若手でも新しいことを勉強すれば、すぐに先輩を追い越すこともできる、すばらしい業界です。

しばらくは仕事もなくならないでしょうし、技術の進歩とともにあなた自身も成長できる業界かと思います。

 

IT業界内の業種

IT業界といっても、楽天のようなECサイトを運営している企業もあれば、Appleのようなハードウェアやソフトウェアを売っているような企業もあれば、NTTデータのようなITコンサルからソフトウェア販売まで幅広くやっている企業もあります。

種類は多岐にわたりますが、おおきく分けると、4つの分類になります。

  1. 情報サービス
  2. ソフトウェア
  3. ハードウェア
  4. インターネット・Web

 

ぱっと言われて、どの業種がどんなことをやっているのか分からないですよね。

表にまとめるとこんな感じです。

業種 企業(例) やっていること
情報サービス
  • NTTデータ
  • アクセンチュア
  • ITシステムを入れるためのコンサルやサービスを提供
ソフトウェア
  • Oracle
  • サイボウズ
  • ソフトウェアの開発(プログラミング)
ハードウェア
  • HP
  • Fujitsu
  • ハードウェアの生産・販売
インターネット・Web
  • 楽天
  • サイバーエージェント
  • インターネットを使ったビジネス

一番身近に感じるのは、「インターネット・Web業界」かと思います。

 

同じIT業界でも、それぞれやっていることは畑ちがいです。

どの業種に興味があるかを、絞り込んでおきましょう。

どこの業種に転職すべきか

一番のおすすめは、「ソフトウェア」です。

それでは、理由を1つ1つ見ていきましょう。

情報サービス

情報サービスを提供するには、お客様の業務を熟知しておく必要があります。

つまり、ITスキル+アルファのスキル・知識が必要になります。

そのため、未経験からの転職には、一番ハードルが高いです。

ソフトウェア

ソフトウェアには、システムを開発するためのプログラミングが必要です。

つまり、プログラミングを極めていけば、会社の戦力になっていきます。

プログラミングを学習すればいいという、道すじとしては一番シンプルです。

ハードウェア

日本のハードウェア業界自体、縮小傾向です。

最近では、中国や台湾から安く・高品質なハードウェア(PC, スマホ, サーバ)が入ってくるようになりました。

そのため、将来性のないハードウェア業界に転職することは、おすすめしません。

インターネット・Web

インターネット・Web業界は、ITを使ってモノを売る・サービスを売る、ということをします。

そのため、ITのスキル、というよりも、マーケティングや企画力が必要になります。

ITのスキルを伸ばせば戦力になれるわけではないですが、伸びしろは無限大にある業界です。

そのため、2番目におすすめをします。

未経験からの転職は可能か

なにも身につけないまま転職することは不可能です。

裏をかえせば、なにかを身に付ければ転職することは可能なんです!

そのなにかとは・・・

プログラミングです!

プログラミングって、よく聞くけど、いったい何なんでしょうか。

 

プログラミングとは

コンピュータのプログラミングprogramming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

Wikipedia 引用

ちょっと分かりにくいですね。(汗)

 

システム作りを、家作りに例えてみましょう。

家を作るには、「お客様の要件ヒアリング」→「建築士による設計」→「大工による建築」→「検査官による検査」→「引渡し」という流れです。

プログラミングは、「大工による建築」にあたります。

つまり、木をどう組み合わせたり、ネジをどう使ったり、窓をどうはめたり、というように、システムを作っていく工程を担当します。

 

みなさんは、ドラマなんかで、こんな画面を見たことがありますか?

プログラミングは、こんな感じで文字(プログラミング用語で命令文)を書いていって、システムを構成していきます。

例えば、あなたが使っているLINEもプログラミングでできています。

図はたとえなので、本物ではないですが、「メッセージを送る機能」、「既読をつける機能」を文字(命令文)で書いていきます。

 

このように、大工さんならぬ、プログラマーさんとして、システムを作るスキルを身に付けていけば、IT業界への転職も可能になってきます。

転職支援のあるプログラミングスクールに通う

では、どうすればプログラミングが身に付くのかというと、プログラミングスクールに通うのが一番です。

なぜ通わなければならないのか。

それは、プロに教えてもらうのが最短距離であり、絶対に心が折れないサポートがあるからです。

大工さんも独学ではなく、プロである親方に教わりますよね。

 

プログラミングスクールも最近ブームで数が増えてきています。

転職を視野に入れているのであれば、転職支援までしてくれるスクールに通うのが必須です。

 

数あるプログラミングスクールから、特にオススメなのが、こちら2つです。

  • TECH::CAMP(Expertコース)
  • WEBCAMP PRO

なぜ、この2つかというと、学習から転職支援までの徹底サポートがあるためです。

他のスクールも、プログラミングや転職支援はありますが、なんせ未経験からの転職です。

中途半端な支援で、人生の転機を過ごして失敗よりも、絶対的なサポートがある方が、失敗しないからです。

 

それでは、2つのスクールを比較してみましょう。

スクール名 TECH::CAMP WEBCAMP PRO
コース名 TECH::EXPERT
費用 448,000円 498,000円
場所 東京(渋谷)、名古屋、大阪(梅田) 東京(渋谷)
期間
  • 短期集中:10週間
  • 夜間:6か月
  • オンライン:4か月
3か月
転職サポート 転職が決定するまでサポート 転職保証付きサポート

場所・費用・期間など、若干の違いはありますが、どちらも評判がいいスクールです。

が、どちらかを選べと言われると、実績のあるTECH::CAMPを選びます。

TECH::CAMPへの登録は、こちらから

WEBCAMP PROへの登録は、こちらから

 

さいごに

なにも身に付けない状態で、未経験からのIT業界へ転職することは不可能です。

しかし、プログラミングを身に付ければ、IT業界へ転職することは可能になります。

そのためには、転職支援付きのプログラミングスクールに通い、プログラミングを学び、転職までストレートでできます。

 

転職するのであれば、若ければ若いほど有利です。

ぜひともIT業界に入って、人生を変えましょう!

TECH::CAMPへの登録は、こちらから

WEBCAMP PROへの登録は、こちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。