SoR, SoE, SoI とは??




最近よく聞く、SoR, SoE, SoIについて、簡単に説明します。

 

略称

SoR・・・System of Record

SoE・・・System of  Engagement

SoI・・・System of Insight (Intelligence)

 

意味

SoR・・・記録するためのシステム

SoE・・・つながりのためのシステム

SoI・・・分析のためのシステム

 

具体的なシステム

SoR・・・基幹システム

SoE・・・モバイルシステム

SoI・・・BIシステム

 

最近だと、SoIとして、AIシステムを導入して分析している企業もあります。

 

システムの連携イメージ

SoE(モバイル)からデータを登録し、SoR(基幹システム)にデータを集めます。

SoR(基幹システム)に貯まったデータを、SoI(BIシステム)で分析し、企業戦略に活用します。

 

導入方法

SoR・・・ウォーターフォール

SoE・・・アジャイル

SoI・・・アジャイル

 

基幹システムとなるSoRは、要件からきっちり固め、ウォーターフォール型でシステム構築していくことが大多数です。

 

ユーザの要望や見たいデータに合わせてシステムを、どんどん改良していきたい要望が強いSoE, SoIは、アジャイル型でシステムを構築していくことが多いです。

 

さいごに

企業システムの全体像をつかむことは、ものすごく大事なことです。

いち担当者は、自分の担当するシステムに目が行きがちですが、ユーザがどのようにシステムを使い、データをどのように貯め、データをどのように活用するのか、全体を意識することで、違った視点でシステムを見ることができます。

 

キングダムでも信が、「大将軍は戦場全体が見れているんだ!」と言っていました。

そんな感じです。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とく

僕は製造業の情報子会社に勤めて5年。 その後、転職し外資系ITコンサル会社で勤めています。 情シス・情報子会社って、ゆったりとして職場環境はいいですが、パートナー頼りでなかなかスキルがつかなかったり、会社の中でも頼りにしてもらいづらかったりしますよね。。。 当サイトでは、そんなIT部員のために、これから社会でイキイキと活躍できるための情報を紹介します。