【SAP】棚卸データ変更方法について徹底解説!




SAPの棚卸データの変更方法は2パターンあります。

その前に、まずは棚卸プロセス・棚卸データの入り方について説明します。

棚卸プロセス・棚卸データの入り方

棚卸プロセスは、①棚卸伝票登録、②棚卸検数入力、③棚卸決済 の3Stepで処理されます。(詳細はこちらのページを参照ください

その際に以下の表のように、①棚卸伝票登録で「棚卸帳簿数量(SAP在庫数量)」 と ②棚卸検数で「検数(棚卸数量)」のデータが入ります。

 

この情報を前提に、②棚卸検数入力 から ③棚卸決済 までの間に、棚卸データの変更方法について、説明します。

 

棚卸データ変更方法【2パターンあります】

「棚卸帳簿数量(SAP在庫数量)」 と 「検数(棚卸数量)」のデータがあることは、理解いただけたかと思います。

棚卸の結果、差異が大きい場合、棚卸データに異常がないか確認する運用となりますが、疑うべきは「実際の棚卸が正しかったか」、「月中の入出庫・生産実績計上が正しかったか」の2パターンに分かれます。

 

【棚卸検数を変更するパターン】

「実際の棚卸が正しかったか」を疑う場合、再度現場に行って再棚卸をし、検数(棚卸数量)の変更をします。

検数変更をすると、検数が書き換わり、棚卸差異数量も変更されます。(T-code:MI05)

 

【月中の入出庫伝票を変更するパターン】

「月中の入出庫・生産実績計上が正しかったか」を疑う場合、月中に登録した入出庫伝票を確認し、入出庫伝票の登録しなおしをします。

このときに注意が必要なのが、入出庫伝票の転記日を棚卸検数日より前の日付にする必要があります。(※正確にはカスタマイズにより棚卸検数日と同じか前にするか制御が可能です。)

棚卸検数日より前の転記日で入出庫伝票の登録しなおしをすると、以下のように棚卸帳簿数量が変更されます。

(以下の表の例では、-3の入出庫伝票を登録した場合を表しています。)

 

サマリ

棚卸データの変更は、棚卸帳簿数量を検数日より前の転記日の入出庫伝票で修正するパターンと、棚卸検数を変更する 2パターン存在することを説明しました。

  • 棚卸帳簿数量を調整する場合:検数日より前の転記日で入出庫伝票登録
  • 検数を調整する場合:T-code:MI05で検数変更

棚卸の結果確認をし、帳簿数量を調整するか、検数を調整するか 運用設計も必要となりますので、検討の参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。