【SAP】SE16N デバッグモードでのテーブルデータ登録手順




【デバッグモードでのSE16N データ登録手順】

1.T-code:SE16N を実行

 

2.T-code:/h を実行(デバッグモード起動)

ここでEnterを押すとデバッグ画面が開きます。変数設定のウィンドウは使わないので、赤枠部分のXをクリックして、閉じておきましょう。

 

3.変数 「GD_EDIT」= X、「GD_SAPEDIT」= X を設定

変数 「GD_EDIT」、「GD_SAPEDIT」を入力し、変更ボタンをクリック

 

 

 

4.F8 を押すと、SE16Nの画面に戻ります。

 

5.新規登録ボタン・挿入ボタン・削除ボタンが表示されていることを確認

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です