【SAP】MPS・MRPの品目パラメータ設定について徹底解説!




MPS・MRPは、品目マスタのパラメータ設定によって、動きが決まります。

つまり、品目マスタの設定について理解することで、MPS・MRPのコントロールが可能なわけです。

この記事では、品目マスタのパラメータ項目・設定値について解説します。

MPS・MRPの概要については、こちらの記事で解説しているので、まだ読んでいない方はまずはこちらを読んでみてください。

品目マスタ

品目マスタでは、MRPビューにてMPS・MRPの設定値を入れていきます。

 

MRP1ビュー

MRP方式

MRPの実行タイプについて設定します。

項目 設定値 意味
MRPタイプ PD MRP実行
V1 発注点管理
ND MRP実行なし
発注点 (在庫数量) 発注点となる在庫数量

 

ロットサイズ

製造・調達の数量のコントロールをする設定値をセットします。

項目 設定値 意味
ロットまとめ方式 EX 任意のロットサイズ
FX 固定数量のロットサイズ
最小ロットサイズ (ロット数量) 最低限必要な数量
最大ロットサイズ (ロット数量) ロットの最大値
固定ロットサイズ (ロット数量) ロットまとめ方式:FXの場合の固定数量
丸め数量 (ロット数量) いくらずつの数量とするか設定

例えば、製造設備の制約で5ずつしか生産できない場合は、「5」と設定。 この場合、ロット数量は5の倍数の、5、10、15、、、と丸められる。

購買の場合、必要な数量が8だった場合、丸められて、数量10の発注となる。

 

MRP2ビュー

調達

品目を製造 or 調達 の制御をします。

項目 設定値 意味
調達タイプ E 内製(製造指図で入庫処理)
F 外部購買(購買発注で入庫処理)
X 両方
特殊調達タイプ 30 外注(外注へ発注となる)
40 在庫転送(他プラントへ在庫転送オーダーを登録となる)

 

納入日程計画

品目の製造 or 調達 にかかる日数を設定します。

項目 設定値 意味
内製日数 (日数) 製造にかかる日数を設定
納入予定日数 (日数) 発注から入庫までにかかる日数を設定
入庫処理日数 (日数) 製造完成 or 発注納入から入庫処理でかかる日数を設定

 

MRP3ビュー

計画

生産方式や計画独立所要量・受注数量(計画数量)の消費の方針を決めます。

項目 設定値 生産方式 意味
方針グループ 10(見込生産) 見込生産
  • 計画独立所要量のみを参照しMRP実行(受注は考慮しない)
30(ロット生産)
  • 受注を参照しMRP実行(計画独立所要量は考慮しない)
  • ただし、生産されたロットはFIFOで計画独立所要量に当てこまれます
40(最終組立ありの計画)
  • 計画独立所要量・受注を参照しMRP実行
  • 受注の所要日付の消費期間内に計画独立所要量があれば、相殺。 計画独立所要量より受注数量が上回れば追加で計画手配が登録される
20(受注生産) 受注生産
  • 受注を参照しMRP実行
50(最終組立なしの計画)
  • 構成品は計画独立所要量・受注を参照しMRP実行
  • 最終製品は受注を参照しMRP実行

 

サマリ

MPS・MRPを実行するための設定値について解説しました。

MPS・MRPは、この品目マスタの設定値がすべてになるので、各項目の意味合いを理解し、ユーザと設定値を検討していく必要があります。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。