【SAP】出荷ポイント・輸送経路の決定方法について解説!




販売プロセスの出荷時に必要な「出荷ポイント」と「輸送経路」について解説します。

「出荷ポイント」と「輸送経路」は、複数用意ができます。

そのため、どのような基準でSAPが「出荷ポイント」と「輸送経路」を受注にデフォルトでセットするのかをこの記事では解説します。

SDのコンフィグで手が折れる部分ですので、ぜひどのような場面で使われて、どう設定するかを理解いただければと思います。

出荷ポイント・輸送経路とは

そもそも出荷ポイント・輸送経路って何?

ということをまずは説明します。(すでに知ってるよ!って方は読み飛ばしてください)

出荷ポイント

出荷ポイントとは、出荷する場所を表す組織です。

出荷ポイントは1つ以上のプラントの下に紐づけます。

※1つの出荷ポイントを複数のプラントに紐づけは、プラント同士の距離が近いなどの場合に設定します。 が、ケースとしては少ないです。)

 

出荷ポイントでは、

  • 稼働日カレンダーの割当
  • 出荷日程計画のための「積載時間」「ピッキング/梱包時間」「配送手段手配日数」の時間設定
  • ピッキングリストの出力タイプ

などの設定をしておきます。

 

輸送経路

輸送経路は、自社から得意先へ配送する配送経路を設定します。

得意先ごとに設定するのではなく、あくまでざっくりベースの単位で設定することが多いです。

(例えば、自社が大阪であれば、東北・関東・中部・中四国・九州 といった粒度(あくまで一例です))

輸送経路は

  • 出荷日程計画のための「配送時間」「配送手段手配日数」の時間設定
  • 運送業者
  • 輸送手段

などの設定をしておきます。

 

出荷ポイント決定方法

それでは本題の出荷ポイント・輸送経路の決定方法について解説していきます。

まずは「出荷ポイント」の決定方法について。

出荷ポイントは、以下の3つの値で決定されます。

項目 指定場所
出荷条件
  1. 販売伝票タイプ
  2. BPマスタ(受注先)
積載グループ 品目マスタ
出荷プラント
  1. 得意先/品目情報レコード
  2. BPマスタ(出荷先)
  3. 品目マスタ

上の「出荷条件」「積載グループ」「出荷プラント」の3項目をキーに、「自動提案される出荷ポイント」・「マニュアル設定可能な出荷ポイント」を設定してきます。

※出荷条件は、①販売伝票タイプ → ②BPマスタ(受注先)の優先順位で決まります。

※プラントは、①得意先/品目情報レコード → ②BPマスタ(出荷先) → ③品目マスタ の優先順位で決まります。(例:①得意先/品目情報レコードで出荷プラントが設定されていなければ、②BPマスタに設定されている出荷プラントを採用)

 

輸送経路決定方法

つづいて「輸送経路」の決定方法について。

輸送経路は、以下の4つの値で決定されます。

項目 指定場所
出荷区域 出荷ポイント
出荷条件
  1. 販売伝票タイプ
  2. BPマスタ(受注先)
輸送グループ 品目マスタ
納入区域 BPマスタ(出荷先)

こちらが輸送経路決定の設定画面です。

上の「出荷区域」「出荷条件」「輸送グループ」「納入区域」の4項目をキーに、「自動提案される輸送経路」・「マニュアル設定可能な輸送経路」を設定してきます。

※出荷条件は、①販売伝票タイプ → ②BPマスタ(受注先)の優先順位で決まります。(例:①販売伝票タイプで出荷条件が設定されていなければ、②BPマスタに設定されている出荷条件を採用)

 

サマリ

「出荷ポイント」「輸送経路」とはどういうものか、どういう設定により自動決定されるのかを解説してきました。

SDカスタマイズでパターンごとに設定が必要なので、かなり大変ですが、内容も理解したうえで設定すると楽しいので、ぜひとも理解を深めていただけたらと思います。

また「出荷ポイント」「輸送経路」は、出荷の日程計画に使用されます。

出荷の日程計画について、こちらの記事で解説しているので、「出荷ポイント」「輸送経路」が具体的にどう使われるかがわかります。

ぜひ参考に読んでいただければと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。