【SAP】原価センタ出庫について徹底解説!

【SAP】原価センタ出庫について徹底解説!

原価センタ出庫とは、在庫簿外管理の部門にモノを融通させる場合に使用します。

この記事では、原価センタ出庫の使用ケース、処理方法について解説していきます。

原価センタ出庫とは

原価センタ出庫とは、在庫を引落し、費用を指定した原価センタにつけることを言います。

これだけだと、どういうこと??? ってなると思います。

まず、在庫は会社の資産であることを理解する必要があります。

 

イメージしやすいために、あなたの家を創造してください。

あなたの家には、テレビ・冷蔵庫・服・時計・食材 などなど、いろいろなものがあります。

そのモノ1つ1つに資産価値があります。

テレビ:10万円、冷蔵庫:15万円 といった具合です。

例えば、テレビを処分(出庫)したとき、あなたの家にある資産がテレビ分(10万円)減りますよね。

つまり、「資産が減る」=「費用(コスト)」ととらえることができます。

 

そのため、原価センタ出庫でも、出庫した品目をどの原価センタ(部門)の費用として付けますか? ということを指定してあげる必要があります。

 

原価センタ出庫の使用ケース

原価センタ出庫は、伝票参照なしの出庫のみの処理です。

そのため、シンプルにSAPから在庫がなくなるだけになります。

原価センタ出庫を使用するのは、SAPで管理している在庫を、SAP管理対象外の部門にモノを渡すときに使います。

 

具体的に言うと、開発部門・品質部門など、SAPで在庫管理しない簿外管理部門にモノを渡す場合です。

例えば、開発部門だとSAP上の生産活動とは関係のないところで、開発・研究を行っています。 その開発・研究には原材料を使用することはもちろんあります。 そのため、調達部門で管理している原材料を開発部門に融通してもらうケースはどの企業でもあると思います。

ここで気にしないといけないのは、開発部門はSAP上で在庫管理をしておらず、簿外で原材料を使って新製品などの開発・研究を行っている ということです。

そのため、調達部門 から 開発部門 へ 原材料を融通する場合、以下のような処理になります。

  • 原材料 原価センタ出庫: SAP(調達部門保管場所) → 簿外管理(開発部門)

 

この原価センタ出庫をする際、「費用を付ける原価センタ(部門)」を指定する必要があります。

上の例の場合、モノは開発部門で使用されます。 そのため、原価センタに「開発部門」の原価センタを指定する必要があります。

(原価センタに開発部門を指定することにより、この費用は開発部門持ちだよ。よいうことを明示します。)

 

原価センタ出庫処理方法

それではSAPでの原価センタ出庫の処理方法について解説していきます。

入出庫なので、T-code:MIGO で実施していきます。

原価センタ出庫は、伝票参照なしのため、

  • その他
  • 出庫
  • 移動タイプ:201

を指定します。

そして、

  • 品目
  • 数量
  • プラント
  • 保管場所
  • ロット
  • 原価センタ
  • G/L勘定

を指定し、実行します。

 

原価センタ出庫でポイントになる項目が、原価センタ・G/L勘定です。

原価センタは、費用を計上したい部門を指定します。

G/L勘定は、他の移動タイプとは異なり、マニュアルで仕訳勘定を入力することができます。

例えば、開発部へ振り替える場合は、「開発研究費」。品質保証部へ振り替える場合は、「品質検査費」といった具合に、マニュアルでG/L勘定を指定することができます。

※つまり運用時に出庫パターンにより、どのG/L勘定を指定するかを製造部門などに周知が必要です。

 

サマリ

原価センタ出庫は、簿外管理部門に在庫を融通する場合に使用します。

開発部門や品質管理部門など、すべての部門の在庫をSAPで管理するわけではないので、これはどの企業でもあり得ることです。

「原価センタ出庫」と名前だけ聞くとよくわからない。となりがちですが、考え方・処理自体は至ってシンプルです。

この記事が原価センタ出庫がよく分からなかった方にとって、少しでも理解の手助けになれば幸いです。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TK
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。