やられたらやり返す!上司からパワハラを受けた時の100倍返し法!




あなたは上司からパワハラを受けたり、周りの人がパワハラに合っているのを見たことがありますか?

パワハラを受けると、自分のパフォーマンスも下がり、またパワハラにあうという悪循環に陥りますよね。

できればパワハラを受けずに仕事をしたいですよね。

実はパワハラはあなたの対応次第で受けないようにすることができるのです!

この記事では、パワハラへの対策を3つお教えします。

あなた自身を守れるのは、あなただけです。本文を読んで、パワハラを受けないようにしっかりと対策をしていきましょう!

証拠を取っておく

音声やメールなど、パワハラにあったということを証明できるように、記録を取っておきましょう。

また、日記などの文章でも大丈夫です。日記でも裁判を起こせるのです。

証拠があれば、本当に精神的にキツい時に、周りにアラートを上げることがやりやすくなります。

しかし、証拠がなければ、信じてもらえないんじゃないだろうか。。。と思ってしまいます。

証拠を使うか、使わないかは時と場合に依りますが、証拠があるに越したことはありません!

証拠を集めるのは、上司に気が引けるという方もいらっしゃるかもしれませんが、その必要は全くありません。

万が一のため、あなた自身を守るための証拠は集めておきましょう。

反発してみる

あなたがパワハラをされる理由は、あなたにパワハラをしやすい、ということも一因に挙げられます。

あなたの周りにも、イジリやすい人っていますよね?

それと同じで、パワハラをしやすい人って存在するのです。

僕の場合は、いつもヘラヘラニコニコとしているので、イジリ→パワハラに発展していきました。

そんなパワハラをしやすい部下から反発に合えば、上司も面食らいます。

僕の場合は、溜まりに溜まったストレスが爆発して、今まで受けたパワハラをツラツラとぶつけ、「一生許しません!」と周りに聞こえるくらい大声で言いました。実際にはかなり口悪く爆発させましたで。笑

そうすると、パワハラをしていた上司も面食らって、今まで呼び捨てだったのが、君つけで呼ばれるようになりました。笑

今までコントロールしやすかった部下から反発に合うと、本当に効果抜群です!

かわいい飼い犬に噛まれるようなもんなんでしょうね。笑

 

実際に反発できないよ。。。ていう人ももちろんいるかと思います。

しかし、よく考えてください。

今の職位を失って大きな影響があるのは、あなたでしょうか、上司でしょうか?

もちろん答えは上司です。

あなたはまだ若いですし、今の職場でなくても十分やり直せます。

ずっと我慢をして精神崩壊するか、職場を変えるか、どちらを選ぶかはあなた次第ですが、このご時世、今よりも働きやすい環境は数多くあります。

パワハラを受けているため、怖い上司に思えますが、勇気を持って反発してみるのも1つのてです。

職場を変わるまでいくか分からないですが、間違いなく相手のあなたに対する対応は変わります!

無視してみる

反発するまでではないですが、無視するのも効果的です!

パワハラする人は、あなたにキレれば、仕事が前に進むと勘違いしている節があります。

上司はあなたに命令すれば、あなたが何でも言う事を聞いてくれると思っています。

ここで一度無視してみましょう。

聞こえませんでしたって、1回で振り向いてはダメですよ。笑

3回目くらいに、かなり不機嫌そうな顔で無言で相手の方を向いてください。

いつもニコニコと言うことを聞いてくれるあなたが、そんな態度を取ったら、上司も相当凹みます。

あなたが我慢して、ずっと下手に回る必要はありませんよ。

周りを味方につける

パワハラ上司の被害者は、あなただけではありません。

パワハラをする人のほとんどが昔からパワハラをしてきています。

あなたの周りにも必ず被害者がいるはずです。

今のあなたの悩みを周りに共有できる味方をつけておくことは重要です。

悩みを話すだけでも、あなたの心持ちは楽になるはずです。

また、前にパワハラにあった人が周りにいれば、対処法を聞いてみましょう。

パワハラ上司の取扱説明書を持っているかもしれません。

さいごに

ここまでパワハラ対処法をお伝えしました。

パワハラ上司は、あなたのことをコントロールしやすいがために、パワハラをしています。

また、パワハラしていることを会社にバラされて困るのは、あなたではなく、上司の方です。

我慢して成長することはありません!会社は昭和の部活ではないのです!

我慢するのではなく、あなた主導で環境を変える一手を打ちましょう。

仮に会社内で、あなたの立場がなくなっても心配する必要はありません。

パワハラを受けたことを公にしたくらいで立場が悪くなる会社なんて辞めてしまった方がいいです。

あなたはまだ若いです。

これからまだまだ新しい環境でやっていけます。

パワハラ上司に、一手を打つことは勇気が必要ですが、あなたが動かなければ、何も変わりませんよ?

行動を起こした上で、何も変わらないのであれば、他にもっといい会社に移ることもひとつのてですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。