【SAP】SPS・SP・Noteの関係について徹底解説!

【SAP】SPS・SP・Noteの関係について徹底解説!

SAPのバグ対応やマイナーバージョンアップ時には、3種類のパッチ適用方法があります。

  • Note(ノート)
  • SP(サポートパッケージ)
  • SPS(サポートパッケージスタック)

この記事では、Note・SP・SPSとは何か、3つのパッチの関係、パッチ適用の使用ケースについて解説します。



SAPのパッチの種類

パッチとは、IT用語で「修正プログラム」のことです。

SAPもITシステムなので、パッチが存在しますが、パッチ適用方法は、

  • Note(ノート)
  • SP(サポートパッケージ)
  • SPS(サポートパッケージスタック)

の3種類が存在します。

それでは、それぞれの定義について1つずつ説明していきます。

 

Note(ノート)とは

Noteとは、バグに対するピンポイントの修正プログラムのことです。

Noteには2種類あり、「システムに自動で適用するNote」「マニュアルで対応するNote」があります。

今回、この記事で解説するパッチは、「システムに自動で適用するNote」の方を指します。

SAP Noteとは、広い意味でSAPの「エラー対応方法」のことを指します。

そのため、システムに自動適用するNoteとマニュアル対応するNoteの2種類が存在します。

 

SP(サポートパッケージ)とは

SP(サポートパッケージ)とは、コンポーネント単位で複数のNoteをまとめたものです。

コンポーネントとは、SAPの機能群のことです。

コンポーネントの例として、

  • SAP_BASIS(SAP Basis Component)
  • SAP_ABA(SAP Cross-Application Component)
  • SAP_AP(SAP Application Platform)
  • SAP_APPL(Logistics and Accounting)
  • SAP_HR(Human Resources)

などなど、多種にわたります。

SP(サポートパッケージ)は、これらコンポーネントの単位で関連するNote(バグ修正プログラム)が1つにまとめられたものです。

 

SP適用の注意点として、前提SPレベルがあるということです。

何を言っているかというと、例えば、SAP_APPLのRelease:740、SP Level:0050 を適用したい場合、SAP_BasisのRelease:740、SP Level:0060 の適用が前提に必要。 という前提条件があります。

SP(サポートパッケージ)を適用する場合、適用したいSPレベルの前提条件を満たす、他のSPの適用も合わせて実施が必要です。

 

SPS(サポートパッケージスタック)とは

SPS(サポートパッケージスタック)とは、SP(サポートパッケージ)を1つにまとめたものです。

SPS(サポートパッケージスタック)は、SAP社が安定稼働バージョンとして、定期的に出してくれるものです。

SAPもシステムのため、年に2~4回はSPSを適用し、既知のバグに対する修正プログラム適用として、SPSを適用することを推奨しています。

SPSは、SAP社がSPをまとめてくれているので、こだわりがなければ、そのまま提供してもらった最新のSPSを適用する顧客が多いです。

 

SPS・SP・Noteの関係

SPS・SP・Noteの関係を図で表すとこのようになります。

SPS・SP・Noteの関係
  • SPS:SPを1つにまとめたSAP社提供の安定稼働バージョン
  • SP:各コンポーネントごとのNoteをまとめたパッチ
  • Note:修正プログラム

 

SPS・SP・Noteの使いどころ

それでは、パッチ適用において、SPS・SP・Noteをどのようなケースで使い分けるか解説していきます。

 

【バグの即時修正対応をしたいケース】

この場合、Noteを適用します。

バグ(エラー内容)から、Support portalにてバグ修正のSAP noteを検索します。

その後、T-code:SNOTE にて、バグ修正のSAP Noteを適用します。

 

【定期メンテナンスでパッチ適用をしたいケース】

この場合、SPS適用(or プラスSP適用)をします。

月1回や四半期に1回の定期メンテナンスで、最新のSPSを適用します。

これは、SAP社が提供している安定稼働バージョンで最新のものにパッチレベルを上げておけば、今はまだ引っかかっていない潜在的なバグ修正もできるためです。

 

また、(or プラスSP適用)と書いたのは、プラスαで指定のコンポーネントのみ、SPSで提供されているSPレベルよりも最新のパッチレベルを適用するケースもあります。

これは例えば、SAP_HR(人事管理)など、法対応が含まれるコンポーネントは、最新のSPレベルにしておく方が、ベターという考えから、SPS で提供されているSPレベルよりも最新のSPレベルに上げておくことをします。

ここはアプリチームと要相談部分で、各コンポーネントで最新SPにしておきたいものがあれば、プラスαで特定のSPのみ追加でパッチ適用します。

 

サマリ

SPS・SP・Noteの関係について、解説してきました。

パッチ適用はBasisの守備範囲なので、あまりアプリが気にするところではありませんが、普段適用しているNoteとパッチ(SPS・SP)の関係が少しでも分かれば、バグ対応に役に立ったり、Basisとの共通言語となるので、アプリ担当者にも知っておいていただきたい内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です