SAPコンサルへ転職時の職務経歴書の書き方を徹底解説!(無料DLサンプル付)

SAPコンサルへ転職時の職務経歴書の書き方を徹底解説!

「職務経歴書」の書き方が分からない!

初めての転職のとき、職務経歴書の書き方が分からない人は多いです。

就活のときは履歴書だけでよかったので、履歴書の書き方は分かるけど「職務経歴書」は転職時が初めてです。

職務経歴書は、転職先の採用担当者があなたを判断する一番重要な書類です。

この記事では、SAPコンサルに特化した職務経歴書の書き方を1から徹底解説します。

職務経歴書とは

職務経歴書という言葉を耳にするのが初めての人もいるかと思います。

職務経歴書とは、あなたの職歴・経験・資格などをまとめた書類で、転職時に使うものです。

転職時には、「履歴書」と、この「職務経歴書」の2つが必要になります。

面接官や転職先の人事担当は、あなたの職務経歴書を見て、採用活動をするため、あなたの第一印象を決める書類といっても過言はありません。

そのため、文字だけで、あなたの経歴をしっかりと伝えられるようにする必要があります。

最初はうまく書けるか不安になりますが、この後で書き方のポイントをお伝えするので、ポイントに沿って書くだけで、あなたの経歴がしっかりと伝わる職務経歴書になります。

 

職務経歴書の記載項目

職務経歴書には、以下の内容を盛り込みます。

職務要約 経験モジュール・経験ポジション・経験プロジェクト数などを、5~10行くらいで簡潔に記載
職務経歴一覧 過去の経験したプロジェクト概要を新しい順に記載
テクニカルスキル モジュール、プログラミング言語、DB、OSなど、経験したことのあるテクニカルスキルと年数を記載
資格 SAP認定資格、IPA、TOEICなどの取得資格を記載
活かせる経験・知識・技術 資格以外の転職先で活かせる経験・知識・技術などを記載(留学経験や業務知識など)

 

SAPコンサルに特化した職務経歴書のポイント!

では具体的に、どういうところにポイントを絞って書いていくのか解説していきます。

 

職務要約

職務要約では、以下の事項は盛り込みましょう。

  • SAP歴
  • 経験モジュール
  • 経験プロジェクト数

これにプラスで特記事項(自分がアピールしておきたいこと)を書いていきます。

 

イメージとしてこんな感じです。

職務経歴書_職務要約

 

職務経歴一覧

職務経歴一覧が、転職先の面接官や人事担当に一番見られる項目です。

ここには、会社名と過去の経験プロジェクトを新しい順に書いていきます。(一番上が直近のプロジェクトになるように)

記載事項は、

  • 期間
  • プロジェクト名
  • プロジェクト概要
  • 担当フェーズ
  • 業務内容
  • あなたの実績・取り組み
  • システム(S/4HANAなど)
  • 役割
  • 規模

 

イメージとしてこんな感じです。

職務経歴書_職務経歴一覧

 

複数プロジェクト経験している場合は、新しい順に上から同じ枠組みで記載していきます。

このとき会社名・会社規模は書かなくてOKです。(一番上にあればOK)

また、以前も転職し、複数社経験ある場合は、1つ前の会社でのプロジェクト経験を下に書いていきます。

 

一番左の列の#(ナンバー)は、採用面談のときに使います。

具体的にいうと、「#1,3,4のプロジェクトでは本番稼働までの経験があります。」というように、ナンバーで会話することにより、面談でのコミュニケーションをスムーズにするためです。

 

テクニカルスキル

テクニカルスキルには、各モジュールの経験年数・経験フェーズやポジションを記載します。

また、SAPモジュール以外のテクニカルスキル(クラウドやプログラミングなど)もあれば、記載しておきます。

職務経歴書_テクニカルスキル

 

資格

資格には、SAP認定資格やIPA、TOEICなどの取得資格と取得年月を記載します。

職務経歴書_資格

 

活かせる経験・知識・技術

ここには、これまでに記載できていない、あなたのアピールポイントや再度記載しておきたいポイントを書きます。

職務経歴書_活かせる経験・知識・技術

 

職務経歴書サンプル(ダウンロード可)

ここまでにお話してきたポイントをまとめた職務経歴書のサンプルをこちらに貼っています。

サンプルに沿う形で記載をしていけば、SAPコンサル向けの職務経歴書が書けます。

 

ダウンロードSAPコンサル_職務経歴書_サンプル.docx

 

 

サマリ

職務経歴書は、転職時にあなたの第一印象を決める書類です。

職務経歴書の内容が不純分であれば、あなたの中身を見てもらえることなく、落とされることもあります。

書類で落とされることは、本当にもったいないことです。

正直、職務経歴書で過去のプロジェクト概要を書くのは、めんどくさいです。

しかし、過去の経歴を振り返ることは、キャリアを通してめったにない機会です。

この転職を機に、あなたの経歴を整理することで、キャリアの振り返りもできますし、職務経歴書もしっかり書けるので、一石二鳥です。

サンプルの職務経歴書を使うことで、SAPコンサルとしてアピールできる仕様になっているので、ぜひ転職活動にご利用ください。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。