【SAP】インコタームズの考え方・設定について解説!(図解あり)

インコタームズとは、国際商業会議所(International Chamber of Commerce)が取り決めた貿易のルールで、「危険負担」「費用負担」を売主・買主のどちらが負担するかを決めたルールです。

※インコタームズ:INCOTERMS (International Commercial Terms)

この記事では、インコタームズがどのようなもの図解とともに解説したのちに、SAPのどこでインコタームズを設定するかを解説していきます。

インコタームズとは?

インコタームズとは、輸出入(貿易)の際に、「危険負担」「費用負担」を売主・買主のどちらが負担するかを決めたルールです。

歴史は古く、1936年から始まっており、改定を重ね、直近では2000年・2010年・2020年とインコタームズが改定されてきています。

インコタームズは、以下11種類があり、SAP上でも設定可能です。

インコタームズ 英語 日本語
EXW Ex Works 工場渡し
FCA Free Carrier 運送人渡し
CPT Carriage Paid To 輸送費込み
CIP Carriage and Insurance Paid To
輸送費保険料込み
DPU (2010ではDAT) Delivered at Place Unloaded 荷卸し&持ち込み渡し
DAT Delivered at Terminal
ターミナル持込渡し
DDP Delivered Duty Paid
関税込み持込渡し
FAS Free Alongside Ship 船側渡し
FOB Free On Board 本船渡し
CFR C&F Cost and Freight 運賃込み
CIF Cost, Insurance and Freight 運賃保険料込み

 

インコタームズでは、「危険負担」「費用負担」を売主・買主のどちらがどこまで負担するかを、それぞれのインコタームズで定義されています。

どのINCOTERMSとするかは、取引先との契約時に決めます。

(※ただしインコタームズはあくまで指標のため、必ずしもインコタームズに従う必要はないとのことです。)

 

危険負担とは

危険負担とは、輸送中の事故(トラックの交通事故、船の座礁、など)があった際、発生する損害を、売主・買主のどちらが負担するか責任範囲のことです。

例えば、「DAT(ターミナル持込渡し)」の場合、買主側の国の指定ターミナルに着くまでは、売主側の危険負担です。 この場合、買主側の国の指定ターミナルに着くまでの輸送事故による損失は、”売主”が責任を負うことになります。

 

費用負担とは

費用負担とは、輸送費用・通関費用・荷積み荷下ろし費用・保険費用を、売主・買主のどちらが負担するか責任範囲のことです。

例えば、「DAT(ターミナル持込渡し)」の場合、買主側の国の指定ターミナルに着くまでは、売主側の危険負担です。 この場合、買主側の国の指定ターミナルに着くまでの費用は”売主”が支払い、買主側の国の指定ターミナル以降は”買主”が支払います。

 

インコタームズごとの危険負担・費用負担の責任範囲

まずインコタームズは、「すべての輸送手段に適用可」と「船舶のみ適用可」の2種類に分けられます。

※すべての輸送手段とは、具体的にトラック・電車・飛行機・船などのことです。

 

以下が「すべての輸送手段に適用可」と「船舶のみ適用可」の分類表になります。

分類 インコタームズ 英語 日本語
全輸送手段






EXW Ex Works 工場渡し
FCA Free Carrier 運送人渡し
CPT Carriage Paid To 輸送費込み
CIP Carriage and Insurance Paid To
輸送費保険料込み
DPU (2010ではDAT) Delivered at Place Unloaded 荷卸し&持ち込み渡し
DAT Delivered at Terminal
ターミナル持込渡し
DDP Delivered Duty Paid
関税込み持込渡し
船舶のみ



FAS Free Alongside Ship 船側渡し
FOB Free On Board 本船渡し
CFR C&F Cost and Freight 運賃込み
CIF Cost, Insurance and Freight 運賃保険料込み

それでは、各インコタームズごとの「危険負担」「費用負担」の責任範囲を見ていきましょう。

 

「すべての輸送手段」の危険負担・費用負担の責任範囲

インコタームズ_全輸送手段

 

「船舶のみ」の危険負担・費用負担の責任範囲

インコタームズ_船舶のみ

 

SAPでの設定方法

SAPでのインコタームズは、まずマスタに設定します。

マスタに設定されたインコタームズが、発注伝票登録時・受注伝票登録時に自動で読み込まれる仕様になっています。

 

購買(輸入)処理のためのインコタームズ設定

購買(輸入)の場合、購買情報マスタに設定可能です。

 

販売(輸出)処理のためのインコタームズ設定

販売(輸出)の場合も、得意先品目レコードに設定可能です。

 

サマリ

インコタームズは、国際的な取り決めのため、SAPでも標準的に使われます。

SAP導入する際には、クライアントももちろん知っていることなので、図解で認識合わせしつつ、マスタ設定を進めていってもらえればと思います。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です