【SAP】プラントレベルのロット管理区分について徹底解説!

【SAP】プラントレベルのロット管理区分について徹底解説!

ロット管理する・しないは品目マスタで設定ができます。

これまでのECC 6.0では、品目レベルでロット管理する・しないの設定しかできませんでした。

しかし、S/4HANA 1809から品目 x プラントごとにロット管理する・しないの設定ができるようになりました。

ロット管理区分・ECC6.0とS4HANA1809の違い

SAP ERPもグローバルで1インスタンスで使われるようになってきたため、同じ品目でも国ごと・プラントごとにロット管理する・しないを分けたいという要件に対応したものと思われます。

 

ここで気になるのは、次の2つです。

  1. ロット管理区分が異なるプラント間での在庫転送可否
  2. 本稼働後のプラントレベルのロット管理区分変更可否

 

この記事では、ロット管理区分の設定方法に加え、

  • プラント:1000ではロット管理なのに、プラント:2000では非ロット管理の場合、在庫転送をするとどのような挙動になるのか
  • 品目レベルではロット管理としているが、プラントレベルでは非ロット管理としている場合、本稼働後にプラントレベルのロット管理区分を変更することができるか

ということを解説していきます。

 

ロット管理区分の設定

S/4HANA 1809からは、次の2項目のロット管理区分項目があります。

  • ロット管理区分
  • ロット管理区分(プラント)

1つ目のロット管理区分は、テーブル:MARA の項目で、品目レベルの設定です。

2つ目のロット管理区分は、テーブル:MARC の項目で、プラントレベルの設定です。

 

ロット管理区分(品目レベル)

設定箇所は、以下のビューにあります。

ロット管理区分設定ビュー
  • 基本データ2
  • 販売: 一般/プラント
  • 購買管理
  • 作業計画
  • プラント Data/保管1

 

 

ロット管理区分(品目 x プラントレベル)

設定箇所は、以下のビューにあります。

ロット管理区分(プラント)設定ビュー
  • 販売: 一般/プラント
  • 購買管理
  • 作業計画
  • プラント Data/保管1

デフォルト値として、ロット管理区分(品目レベル)と同じ設定値が入りますが、プラントごとにロット管理区分ON/OFFの変更が可能です。

 

在庫転送の挙動

続いて、プラント間でロット管理区分が異なる場合の在庫転送についてです。

次の2パターンについて、検証した結果をお話しします。

在庫転送パターン
  1. ロット管理区分ONのプラント → ロット管理区分OFFのプラント
  2. ロット管理区分OFFのプラント → ロット管理区分ONのプラント

 

ロット管理区分ONのプラント→ロット管理区分OFFのプラント

ONプラントからOFFプラントへの在庫転送は可能です。

当然ですが、ロットマスタの情報は引き継がれなくなります。

 

ロット管理区分OFFのプラント→ロット管理区分ONのプラント

OFFプラントからONプラントへの在庫転送も可能です。

ただし移動タイプ:301(1stepプラント間転送)など、MIGO時にロットマスタが登録されない移動タイプの設定になっている場合、予めロットマスタの登録が必要です。

 

在庫計上後のロット管理区分の変更

続いて、在庫計上したのちにプラントレベルのロット管理区分の変更が可能かどうかについてです。

次の2パターンについて、検証した結果をお話しします。

在庫計上プラント ロット管理区分変更パターン
ロット管理区分ONのプラント ON → OFF
ロット管理区分OFFのプラント OFF → ON

 

ロット管理区分ON→OFFへ変更

在庫がある状態で品目マスタのロット管理区分をON→OFFに変更は不可でした。

また、在庫をゼロにしてもロット管理区分をON→OFFに変更は不可です。

ゼロ在庫でもロット管理区分の変更ができないのは、ゼロ在庫のロットが残っているためであり、これを回避するにはロットをアーカイブするしかありません。

 

ロット管理区分OFF→ONへ変更

在庫がある状態で品目マスタのロット管理区分をOFF→ONに変更は不可でした。

ただし、在庫をゼロにしてた状態でロット管理区分をOFF→ONに変更は可能でした。

 

サマリ

S/4HANA 1809から品目 x プラントレベルでロット管理区分の設定が可能になっています。

 

それによりプラント間でロット管理区分の設定が異なる場合、在庫転送可否・在庫計上後のロット管理区分の設定変更可否をまとめると以下になります。

ロット管理区分_在庫転送_マスタ変更可否

在庫転送自体は可能ですが、ロット管理区分:ONからOFFへ在庫転送する場合、ロットマスタの情報が引き継がれなくなります。

またロット管理区分:OFFからONへ在庫転送する場合、ロットマスタ登録やどのロットマスタに在庫転送するかは検討が必要です。

 

在庫計上後、ロット管理区分の設定変更が難しいため、本稼働後はロット管理区分の設定変更をしないような設計にしておくことがベターです。

 

S/4HANA 1809になり、プラントレベルでロット管理区分の設定ができるようになり、より柔軟になりました。

しかし、プラント間でロット管理区分が異なる場合、考慮しないといけないことが出てくるので、それも踏まえ要件定義に活かしていただけたらと思います。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TK
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。