日系企業から外資系企業に転職し、年収400万円から800万円になった話

日系企業から外資系企業に転職し、年収400万円から800万円になった話
悩める人

今の会社じゃ給料は上がりにくそう

先輩や上司を見ていると、5年後、10年後がこうなるのかと思うと、いつかは転職したい

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

 

実際に私は、同じような悩みを抱えていて、現状を変えたいと思い、日系メーカーの情報子会社から、外資系IT企業に転職しました。

しかも転職することで、年収が400万円から800万円に上がりました。(そのときの給与明細は、こちら

仕事内容は、そんなに変わっていないのに、年収が2倍になったのです!

日系・外資系の転職_給与

今もずっと日系の同じ会社に勤めていたら、せいぜい500万円~600万円がいいところでしょう。

20代の方で、私と同じように、このような悩みを抱えている人は、多いのではないでしょうか。

  • 「先輩・上司の姿を見ていると、将来の自分が不安」
  • 「どんなに努力しても、年功序列なので、給与が上がらない」
  • 「会社に何かあったとき、本当に自分が市場で使える人材なのか分からなくて不安」

転職して自分がいなくなると、仕事が回らないのでは? と転職時には不安に思いましたが、私がいなくなって5年、何の問題もなく、今も会社は残っています。

20代というのは、本当に限られた時間です。

限られた時間を、不安に思っている会社に捧げるのは、もったいないことです。

転職して、年収を上げて、「自分・家族のために、将来に備える、生活を豊かにする」ということは、今の会社に人生を捧げるよりも、はるかに大事だと私は思うのです。

 

この記事では、実際に私が年収を400万円から800万円に上げた転職体験談を、書いていきます。

昔の私と同じような悩みを抱えている20代の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職時の私のスペック

転職時(入社5年目)の私のスペックは、こんな感じです

  • 国公立文系大卒
  • ITリテラシーゼロ
  • SAP歴5年
  • モジュール:Basis、少しCRM
  • ABAP:読めません
  • PJTでのポジション:スタッフ
  • 導入プロジェクト3年、保守2年
  • 組立系製造業の業務の流れなら、若干分かる
  • 英語プロジェクトの経験なし

つよつよコンサルでもなく、ITリテラシーゼロで、毎日の仕事についていくのに必死でした。

 

日系メーカーの情報子会社での仕事

前職での経歴は、このような感じです。

経歴
  1. SAP Basis部署に配属
  2. 親会社のSAP保守や、他顧客のSAP保守を経験
  3. 親会社の1事業部にSAP ECC 6.0の導入プロジェクトを経験
  4. 親会社の1事業部の基幹システムリプレースプロジェクトを経験
  5. SAP CRMの導入・保守プロジェクトを経験(初のアプリ担当)

SAPの部署自体は、全体で30名ほどの小さい会社でした。

周りにスーパーマンがいるわけでもなく、毎日OSSに問い合わせたり、Noteを読み漁ったりして、体系的にSAPのスキルが身についていったわけでもありません(泣)

 

前職でのSAP提案時のお決まり文句は「絶対、逃げません!」ですw

今思うと笑ってしまいますが、絶対に逃げないことを全面に押し出してました。

 

そんな風潮なので、パワハラは当たり前ですし、声の大きい人の意見が通る職場でした。

また、基本的には親会社の仕事がほとんどなので、せっかくSAPを扱っているのに、幅広い業種の知識が身につく環境もありませんでした。

いわゆる、「井の中の蛙」という状態です

日系メーカーの情報子会社での働き方

 

転職しようと思ったキッカケ

私は日系大手メーカーの情報子会社に入社し、3年目くらいから、このような悩みを抱えていました。

入社3年目の悩み
  • 年功序列で、どんなに頑張ってもベースの給与は変わらない
  • 先輩を見ていても、同じ仕事ばかりで、スキルが伸びていない
  • 入社してから、上長のポストは人が変わっていない

大手メーカーの情報子会社なので、仕事には困らず、ずっとここにいても大丈夫だろう、と考える人も周りにたくさんいました。

しかし、東芝の経営破綻や、神戸製鋼のデータ改ざんなどのニュースを見ていると、どんなに大きな会社でも、一生安泰の時代は終わったな、と感じていました。

 

そんな中、会社がどうなろうと、個人としてどこででも通用するスキルを身につけ、市場価値を上げていかないといけないのでは?

そのために、ずっとこの会社にいるのは、リスクなのでは? と思い始めました。

日系企業に残るまずさ

実際に私は、転職活動を2回しました。

1回目は、危機感を感じ始めた入社3年目のとき。 2回目の再チャレンジは、入社5年目のときでした。

 

1回目は、ITリテラシーゼロでスキル不足すぎて、6社受けて、すべて内定をもらえませんでした。

入社3年目なら、コミュニケーション取れて、勢いあればいけるだろ!と思っていたのですが、大間違いでした。。。

社会人3年目のときに転職に失敗した話

転職失敗後は、プログラミングスクールに1カ月短期集中で通い、ITリテラシーをそこそこつけることに全集中しました。

そんな中、挑んだ2回目は、2社から内定をもらうことができました。

私の転職活動

 

使った転職エージェント

実際に成功した転職活動2回目の時に使ったのが、こちらの3つの転職エージェントです。

実際に使ったエージェント
  1. アクシスコンサルティング
  2. レバテックキャリア
  3. リクルートエージェント
  • アクシスコンサルティングは、外資系向け
  • レバテックキャリアキャリアは、IT向け
  • リクルートエージェントは、最大手(案件比較のため)

と、それぞれ強みが違うので、幅広く情報収集するために使い分けました。

実際に使ったエージェント

その中でも、年収800万円の外資系IT企業に内定をもらえたのは「アクシスコンサルティング」です。

アクシスコンサルティングは、2014年〜19年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数において全エージェント1を取っており、日系コンサルはもちろんですが、特に外資系コンサル企業に強いエージェントです。

 

大きな特徴が、各企業のパートナー・マネージャレベルの方と、繋がりを持っていることです。

プロジェクトを管理するパートナーやマネージャから情報収集するため、会社の特徴のみならず、それぞれどんなプロジェクトが走っていて、どんな人材が求められているか、他のエージェントよりも深く把握しています。

私の実体験

(私は関西在住なのですが)私のときも、関西にSAP案件を持っている外資系企業と、それぞれのプロジェクトの概要を教えていただき、自分にマッチしそうな会社をプロジェクトベースで見つけることができました。

外資系となれば、会社も大きいところが多いので、一概に「こんな社風です」というのは言い切れず、プロジェクトごとに異なるのが事実です。

アクシスコンサルティングでは、各プロジェクトのパートナー・マネージャとつながりがあるので、プロジェクトのトップの方の人柄が転職前に分かるので、入ってからのギャップも少なく済みました。

アクシスコンサルティングとの関係

 

400万円の給与明細と800万円の給与明細

こちらが実際の私の給与明細です。

転職前(日系メーカーの情報子会社)と転職後(外資系IT企業)で、年収が2倍も差があることがわかります。

 

<日系メーカーの情報子会社の給与明細>

転職前(日系メーカーの情報子会社)では、月25万円+夏冬のボーナスで、400万円くらいでした。

日系メーカーの情報子会社

 

<外資系IT企業の給与明細>

こちらが転職後(外資系IT企業)の給与明細です。月60万円+ボーナス年1回で800万円くらいです。

外資系IT企業_給与明細

仕事はSAP導入プロジェクトなので、ほぼ同じ内容なのに、給料が2倍も差があります。

2倍も違えば、正直生活レベルが変わります。

  • 外食するなら、ちょっと良いところ行ってみようか
  • もう少し広い家に引っ越そうか
  • Amazonで面白そうなもの売ってるな、ちょっと買ってみようか

こんな感じで、生活にも余裕が出ました。

給与と生活の差

 

転職で年収を倍にすることは簡単?

実際に誰でも私のように年収を2倍にできるかと言われれば、難しいと思います。

私の場合は、前職が極端に待遇が悪く、転職後はかなり好待遇だったように思います。

ただ、私の外資系IT企業に中途入社してきた同僚たちに話を聞くと、ほぼすべての人が年収が上がったと言っています。

2倍とまでは言わないまでも、最低でも+100万円以上アップした人が多かったです。

 

実際に日系でSAPコンサルタント数が1位のアビームと、外資系で1位のアクセンチュアの年収を比べてみましょう。

Googleで調べるとこのような結果になります。

<アビーム 年収>

30代前半で750~900万円くらい。コンサルタント職だと800~1,000万円くらい。

アビーム年収

 

<アクセンチュア 年収>

30歳で900万円。入社10年次(四大卒だと32歳)だと1,300~2,000万円。

アクセンチュア年収

同じ30歳でもアクセンチュアの方が100万円は上に行きそうです。

また圧倒的に外資のアクセンチュアの方が、給与レンジ2,000万円までと、かなり高水準です。

アビームを日系代表、アクセンチュアを外資系代表で比較したので、一概に他の会社も同じとは言えませんが、実際に行きたい会社の年収を調べてみるのも良いと思います。

私の場合は、転職エージェントに話を聞いた時点で、少なくとも1.5倍になることが分かっていたので、転職しないという選択肢はありませんでした。

 

転職エージェントに登録するのって面倒じゃない?

そうは言っても「私も転職をしよう!」と思うまで、時間がかかった人間のうちの一人です。

あなたも会社にちょっと不満があっても、転職活動するのがめんどくさい、と思っているのではないでしょうか。

実際に転職活動をする前の私は、転職エージェントに対して、こんなことを思っていました。

転職エージェントのイメージ・不安
  • 案内メールや電話が大量に来そう
  • 一度登録すると、やっぱ転職しません、と断れなさそう
  • プロジェクトの兼ね合いもあって、今の職場の人に、いつ転職することを切り出せるか不安

 

でも実際には、イメージしていたのと真逆でした。

実際の転職エージェント
  • 転職タイミングは、今の仕事の都合に合わせてくれます。
  • 転職活動を断っても大丈夫です。(私も1回目の転職活動は失敗し、日系情報子会社に留まりました)
  • 興味のありそうな案件があれば、メールで送ってくれますが、必ず面談を受ける必要はなく、情報収集だけでもOKです。

実際にアクシスコンサルティングの「よくあるご質問」にも、「相談だけでも可能ですか?」という質問に、

無理に転職をお薦めすることはいたしません。必要の無い転職はキャリアにとってマイナスです。目指すキャリアの実現に向けて、中長期的な視点でキャリアプランニングをご提案いたします。

という回答をされています。

無理に転職する必要はないし、情報収集だけでいいなら、どんな企業が狙えて、どれくらい年収が上がりそうなのかを、聞いてみるだけでも良いですよね。

 

アクシスコンサルティングの登録方法

では実際に、私が利用したアクシスコンサルティングの登録方法のお話をしていきます。

アクシスコンサルティングに登録したい方は、こちらのリンクから登録してください。(たった1分で登録までできます)

\当ブログ限定5,000円キャッシュバック/

① 上のリンクから遷移した画面で「新規会員登録(無料)」をクリックします。

アクシスコンサルティング_新規会員登録

 

② 名前・メールアドレス・電話番号・経歴を入力し「送信する」をクリックします。

アクシスコンサルティング_新規会員登録2

登録が完了すると、1,2営業日くらいで、連絡が来ます。

連絡を受けてから、初回ヒアリング面談になります。

\当ブログ限定5,000円キャッシュバック/

 

キャッシュバック特典を受ける方法

この記事からアクシスコンサルティングに登録いただいた方限定で、「5,000円のキャッシュバック」をプレゼントします!

転職祝いに、ちょっとリッチなランチにでも使ってください!

 

キャッシュバックを受ける手順は、次の3ステップです。

キャッシュバックを受ける手順
  1. アクシスコンサルティングに、このサイトの登録ボタンから登録
  2. アクシスコンサルティングを通して、転職の内定をとる
  3. 内定したことが分かる画面ショットを、私のTwitterにDMで連絡(@tokuchin69

※5,000円は銀行振込のため、銀行口座を知られたくない方は、Amazonギフト券への変更も可能です。

\当ブログ限定5,000円キャッシュバック/

※キャッシュバック特典は、定員になり次第終了する場合があります。ご了承ください。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。