転職に失敗した私が再起を図るため、TechAcademyに通った話

転職に失敗した私が再起を図るため、TechAcademyに通った話
悩める人

SAPコンサルだけど、ITの知識がなくて、仕事がツライ

こんな悩み、抱えていないでしょうか?

 

SAPコンサルをしていると、業務知識やSAPの知識が優先で、システム導入・保守をしているにも関わらず、ITの知識がついていない、なんて人はたくさんいます。

私もITリテラシーがゼロで、お客様や社内メンバーとの会話についていけず、ツラい思いを何度もした人間の内の一人です。

そんなツラい思いをすると、ついつい「私は業務について検討しているんだ」と業務に逃げてしまいがちです。

自分ではダメだと分かっているんだけど、ITの知識がない人が要件定義をすると、設計・開発フェーズで「これどうやって実現するの?」ということになって、手戻りしがちです。

ITリテラシーゼロの要件定義

そんなITリテラシーゼロだった私は、転職活動時に採用面接でITスキルが全くないということが原因で、転職に失敗したことがあります。

転職しようと思ったキッカケは、このぬるま湯な会社にこのままいても、将来ダメになると思って、転職活動をしましたが、ぬるま湯でITスキルが全く身につかず、入社3年の時点で、すでに市場から価値のない人間になっていました。

社会人3年目のときに転職に失敗した話

この記事では、転職失敗で一度は心が折れた私が、再起を図るためにプログラミングスクールであるTechAcademyでプログラミングの勉強をし、実際に身についたスキルや感想を、体験談としてお話ししていきます。

SAPコンサルだけど、ITスキルがあまりなくて、しっかりとしたスクールで体系立てて勉強したい! という方は、最後までお読みください。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

TechAcademyを受けてみようと思ったキッカケ

私は社会人3年目のとき、転職活動をし、内定を1つも貰うことができませんでした。

転職エージェントからのフィードバックの多くは、「ITスキルが足りない、即戦力として期待できない」というものでした。

 

どうにかして今の会社から抜け出したいと思い、ITスキルをつけるべく、ネットで調査していたところ、そのとき徐々に流行りだしていた「プログラミングスクール」というものを見つけました。

そんな中、ネットで読んだ記事では、

  • 1か月でプログラミングをマスター
  • 今よりも待遇の良い会社に転職できた
  • どこでも自由に働けるようになった

という利用者のコメントがありました。

「ITスキルをつけて、転職」という、これぞまさしく私が求めているものでした!

プログラミングスクールで得られるもの

>> TechAcademy 無料体験はこちら

受けたのはTech Academyの「Webアプリケーションコース」

最近では、いろいろなプログラミングスクールが乱立していますが、当時は有名なスクールが3,4つで、メディアにも取り上げられ、ネット記事でも評判の良かった「Tech Academy」に通うことにしました。

私の場合、プログラミングスクールに通う目的が「ITスキルの向上」でした。

そのため、特にプログラミング言語にこだわりはありませんでしたが、SAPと共通する「バックエンド」のシステム構築ができる「Ruby」を扱っている「Webアプリケーションコース」を選択しました。

 

当時は、Ruby、PHP、フロントエンド、Python、Swift(iPhoneアプリ)くらいでしたが、現在はさらに多くのコースを扱っています。

TechAcademy_コース一覧

私と同じように、SAPコンサルとしてITスキルアップを目的とするのであれば、「Webアプリケーション(Ruby)」もしくは「Java」が良さそうです。

 

料金プランは、4週間・8週間・12週間・16週間の4つがあります。

TechAcademy_料金プラン一覧

カリキュラムの内容は、どのプランでも同じなので、私は短期集中の「4週間」を選びました。

本業との掛け持ちなので、あまり長すぎると受講できない日ができて、集中が切れてしまうので、個人的には短期で良かったと思います。

 

ちなみに、4週間プランの場合の「1週間の学習時間の目安:40~50時間」とありますが、ここまで学習時間が多くなくても大丈夫です。

からくりを言うと、受講を決めてから受講開始までの間に、カリキュラムが送られてくるので、前もって学習を進めることができます。

4週間とは、メンターやチャットサポートに質問できる期間で、カリキュラム自体は受講開始前・終了後も学習可能です。

受講の負荷を減らす方法

実際に私も事前にカリキュラムを進めることで、平日3時間、休日5時間の週25時間くらいの学習時間でした。

申込してから受講開始まで1カ月ほどあるので、この間にも週25時間くらい学習していれば、トータル同じくらいの学習時間になるということです。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

実際に受けてみてどうだった?

実際にWebアプリケーションコースの4週間プラン、174,900円を受けてみて、受講前は17万円かぁ、、、と思ってましたが、結論をいうと、受講して良かったです。

TechAcademyで受けたプログラミングの基礎は、今のSAPプロジェクトでも、

  • コンフィグ・アドオンがどう効いてくるのかを把握する
  • 業務をシステムにどう落とし込んでいこうかと考える

ということに役立ってます。

 

1か月で17万円だと、1か月の手取りレベルでしたが、長期的な目線で考えると、プロに短期間で教えてもらえるのは、有意義なお金の使い方でした。

カリキュラムの内容

実際のカリキュラムは、こんな内容でした。

  • Web・ネットの仕組み
  • HTML
  • CSS、Bootstrap
  • OS操作(Unix)
  • データベース・SQL操作(MySQL)
  • Ruby(文法、変数、演算子、条件、ループ、メソッド、オブジェクトなど)
  • GitHub(バージョン管理ツール)
  • Heroku(PaaS)

これらの基礎を学習した上で、Twitterアプリ、モノリスト、オリジナルアプリを作っていきます。

基礎部分ができるだけでも、ある程度ITリテラシーがついた状態になりますが、実際にアプリを作ることによって、ITスキルを定着させることができました。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

メンター・チャットサポートってどうなの?

メンターは、週に2回、アプリ作成でつまづいた部分や分からないところの質疑応答をSkypeを通してサポートしてくれます。

実際にコードを書いている画面を共有しながら進めるので、直接コードを書き込んだりしながら、さながら横についてくれているような形で、サポートしてもらえました。

 

チャットサポートは、Slackを使って、つまづいた部分の質疑応答をチャットでサポートしてくれます。

メンターとは異なり、文字でのやり取りになるので、質問を明確にし、伝えることに苦労しました。(何が分からないのかが、分からないから・・・)

TechAcademyのサポート方法

チャットでサポートいただくのは、お互いに難しい面もありますが、メンターによるサポートがついているので、安心して進められることができます。

また、私についてくれたメンターは、サイバーエージェントの方で、現役でRubyを書かれている方だったので、指摘も的確で、かなり貴重な時間でした。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

実際に身について役立ったスキル

Webアプリケーションの学習をして、実務でどう役立ったかというと、

  • SAPのユーザExitのロジックを自分で書けるようになった
  • 開発メンバーと同じレベルで話せるようになった
  • Excelマクロ組んで便利ツールを作れるようになった

こんな感じです。

プログラミングスクールで実際に身について役立ったスキル

実際にRubyを習いましたが、今となっては、もう書けませんし、アプリも自分で作れないと思います。

でも、学習したプログラミングの基礎やコンセプトは、今でも頭の中にありますし、プログラムがどう動くか分かっているだけで、要件定義・設計の質が以前に増して格段に上がったことを実感しています。

 

元々理系大学出身者やプログラミングについて知っている人にとっては、「なんだそんなレベルか」と思うかもしれませんが、三流文系大出身で、ITリテラシーゼロだった私にとっては、とてつもなく大きな成長でした。

たった4週間でしたが、今でも業務に役立っていることを考えれば、17万円出して受講して良かったと思っています。

 

他のSAPコンサルにおススメはできない

実際に私はTechAcademyでWebアプリケーションコースを受けてみて「17万円の価値があった」と思いました。

しかし、他のSAPコンサルの方におすすめできるかというと、おすすめできないというのが本音です。

理由は、3つあります。

SAPコンサルにTechAcademyをおすすめできない3つの理由
  1. 値段が高すぎる
  2. 無料でも勉強できる
  3. TechAcademyの良さをフル活用できない

値段が高すぎる

最低でも17万円というと、値段が高すぎます。

若手だと、月の手取りと同じくらいの人もいるかと思います。

私は短期間でITスキルを習得し、早々に転職したかったので、良かったですが、ただ単にITスキルを身につけたいだけであれば、TechAcademy以外にも他に方法はいくらでもあります。

 

無料でも勉強できる

プログラミングを勉強するのであれば、TechAcademyじゃなくても、無料で勉強できる環境はいくらでもあります。

例えば、

無料のプログラミング学習サービス
  • Progate
  • ドットインストール
  • Paiza

独学なのでプロに質問ができない、体系立てて学習しづらい、といったデメリットはありますが、いくらでも無料のプログラミング学習サービスはあります。

 

TechAcademyの良さをフル活用できない

TechAcademyが想定する受講対象者は、こんな人たちです。

TechAcademyが想定する受講対象者
  • Webエンジニアとして転職したい人
  • 場所・時間にとらわれずに働きたい人(フリーランス)
  • Web開発で起業したい人

SAPコンサルをしている方にとっては、どれも年収が下がるので、転職もフリーランスも起業も、選択肢に挙げづらいでしょう。

そのため、TechAcademyが提供している転職サービス・独立サービスは使えず、正直TechAcademyのサービスをフル活用できるとは言えません。

 

それでもやっぱりTechAcademyを受けるメリットはある?

正直、すべてのSAPコンサルの方にTechAcademyをおすすめすることはできません。

しかし、SAPコンサルをしている方の中にも、私と同じようにITスキルに自信のない方もいらっしゃるはずです。

ITスキルがあると、要件定義・設計の品質も上がり、開発メンバーとも同じ視点で話せるので、SAPコンサルとして、どのプロジェクトに行っても重宝される存在になります。

私の周りのSAPコンサルを見ても、プログラミングまで理解したSAPコンサルは半分もいません。

 

短期間で一気にITスキルを身につけたい方にとって、TechAcademyのカリキュラムは体系立てられていて、メンター・チャットサポートも充実しているので、間違いなくスキルアップします。

SAPコンサルとして、ITスキルをつけ、どのプロジェクトでも重宝されるくらいの人材になりたい方にはおススメです。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

まずは「無料体験」だけやってみるべき

TechAcademyは、無料体験をやっています。

実際に私も無料体験から入りました。

こちらが無料体験に入った時の案内メールです。

TechAcademy_無料体験メール

私が入ったのが、5年以上前なので、今とは若干体験内容は変わっている見たいです。

今は、このような内容を1週間体験できるようです。

TechAcademy_無料体験のカリキュラム

またこのような特典もついてきます。

無料体験の特典
  • ビデオチャットでメンタリング体験
  • 1週間、毎日最大8時間のチャットサポート
  • 「課題:天気予報アプリ」の回数無制限レビュー

たった1週間ですが、プログラミングの基礎を身につけるという意味では、かなり充実したカリキュラムです。

 

私の場合は、無料体験期間の後に、実際のWebアプリケーションコースを受講しましたが、無料体験だけやって、そのままコースを受けないことも可能です。

ITスキルがあれば、要件定義・設計の質も上がりますし、開発メンバーやクライアントの情シスとも同じ視点で会話できるようになり、仕事が格段に楽しくなります!

SAPコンサルとして、少しでもITスキルをアップさせたい方は、無料体験だけでもやってみることをおすすめします。

>> TechAcademy 無料体験はこちら

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。