【IPA】基本情報・応用情報の違いについて徹底解説!

【IPA】基本情報・応用情報の違いについて徹底解説!
  • 上司から基本情報技術者試験を受けろと言われたけど、本当に今の自分の仕事にマッチした資格なの?
  • 応用情報技術者試験ってのもあるみたいだけど、基本情報と比べてどれくらい難しいの?
  • 応用情報が基本情報を包含しているのなら、いきなり応用情報を受けても大丈夫?

といった疑問を持たれる方も多いと思います。

この記事ではそんな疑問に、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験の違いについて解説しながら、解答してていきます。

基本情報技術者試験のテスト形式

基本情報技術者試験は、午前(150分)・午後(150分)の二部制です。

 

午前(150分)

計80問の選択形式 です。

  • テクノロジ:50問
  • マネジメント:10問
  • ストラテジ:20問

という構成で出題されます。

 

午後(150分)

午後は記述式問題です。

11問中5問を選択のため、自分の得意な分野の問題を選択します。

こちらが分野別出題数・解答数の一覧です。

分野 解答数 / 出題数
1
  • 情報セキュリティ
1 / 1(必須)
2~4
  • ソフトウェア・ハードウェア
  • データベース
  • ネットワーク
  • ソフトウェア設計
2 / 4

(問2~5の中から2つ選択)

5
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム戦略
  • 経営戦略・企業と法務
6
  • データ構造及びアルゴリズム
1 / 1(必須)
7~11
  • ソフトウェア開発
1 / 5

C, Java, Python, アセンブリ言語, 表計算ソフト から1つ選択

 

応用情報技術者試験のテスト形式

応用情報技術者試験も、午前(150分)・午後(150分)の二部制です。

 

午前(150分)

計80問の選択形式 です。

  • テクノロジ:50問
  • マネジメント:10問
  • ストラテジ:20問

という構成で出題されます。

午前は基本情報技術者試験と同じレベル感の問題が出題されます。

 

午後(150分)

午後は記述式問題です。

11問中5問を選択のため、自分の得意な分野の問題を選択します。

こちらが分野別出題数・解答数の一覧です。

分野 解答数 / 出題数
1
  • 情報セキュリティ
1 / 1(必須)
2~11
  • 経営戦略
  • 情報戦略
  • 戦略立案・コンサルティング技法
  • システムアーキテクチャ
  • ネットワーク
  • データベース
  • 組込みシステム開発
  • 情報システム開発
  • プログラミング(アルゴリズム)
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム監査
4 / 10

(問2~11の中から4つ選択)

 

基本情報と応用情報の相違点

基本情報と応用情報の相違点は、午後問です!

午後問の比較表がこちらです。

基本情報 応用情報
分野 解答/出題 分野 解答/出題
1
  • 情報セキュリティ
1 / 1 1
  • 情報セキュリティ
1 / 1
2~4
  • ソフトウェア・ハードウェア
  • データベース
  • ネットワーク
  • ソフトウェア設計
2 / 4 2~11
  • 経営戦略
  • 情報戦略
  • 戦略立案・コンサルティング技法
  • システムアーキテクチャ
  • ネットワーク
  • データベース
  • 組込みシステム開発
  • 情報システム開発
  • プログラミング(アルゴリズム)
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム監査

 

4 / 10

 

5
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム戦略
  • 経営戦略・企業と法務
6
  • データ構造及びアルゴリズム
1 / 1
7~11
  • ソフトウェア開発
1 / 5

 

基本情報は、各大分類ごとから分野を選択。

応用情報は、情報セキュリティ以外は好きな分野から選択。

大きな違いは、基本情報は「データ構造及びアルゴリズム」と「ソフトウェア開発(プログラミング)」が必須ということです。

 

それでは、「データ構造及びアルゴリズム」「ソフトウェア開発(プログラミング)」は、どういう問題が出るのでしょうか?

IPAの基本情報技術者試験の「試験要綱」を見てみましょう。

こちらがIPA基本情報技術者試験の「試験要綱」抜粋です。

データ構造及びアルゴリズムに関すること

配列,リスト構造,木構造,グラフ,整列,探索,数値計算,文字列処理,図形処理,ファイル処理,計算量,誤差 など

ソフトウェア開発に関すること

プログラミング(C,Java,Python,アセンブラ言語,表計算ソフト),テスト,デバッグなど

 

「データ構造及びアルゴリズム」では、プログラミングのアルゴリズム(ロジック)や関数に格納されるデータ構造についての問題が出題されます。

「ソフトウェア開発(プログラミング)」では、,Java,Python,アセンブラ言語,表計算ソフトから1つ得意なプログラミング言語を選択し、言語ごとの関数の使い方・テスト/デバッグ方法についての問題出題されます。

要は、基本情報技術者試験では「プログラミング」の問題を2問こなさないといけないということです。

 

どちらの資格取得がおすすめ?

基本情報・応用情報の違いとして、

  • 基本情報:プログラミング問題が2問必須
  • 応用情報:好きな分野から選択

ということが挙げられます。

 

どちらの資格取得がおすすめかというと、資格を「どこで使うか」という目的にもよります。

以下2つが目的として考えられます。

  • 社内向け:昇給
  • 社外向け:転職

 

「社内向け(昇給)」のためであれば、あなたの会社の昇給方針に沿って、取得すべきです。

 

「社外向け(転職)」のためであれば、どちらも取得する必要はなく、応用情報のみ取得でもOKだと考えています。

基本情報・応用情報を比較すると、難易度としてはどちらも同じくらいな感覚です。

しかしIPAのレベルでは応用情報の方が上なので、応用情報のみ取得すると基本情報も包含されているように見える。というのが事実です。

社外向けのためであれば、省エネで応用情報のみ取得がベターだと考えています。

 

(参考)基本情報技術者試験 勉強サイト

基本情報技術者試験.comは、平成13年からの過去問が掲載されています。

また、午前問は過去問から同じ問題が出題されることが多いので、こちらのサイトで対策することをおすすめします。

解説も丁寧に書かれているので、対策本を買う必要もありません。

 

(参考)応用情報技術者試験 勉強サイト

応用情報技術者試験.comで、基本情報技術者試験.comの姉妹サイトです。

こちらも平成15年からの過去問が掲載されています。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。