【SAP】MMの組織設定を徹底解説!




SAPのMM(購買管理)モジュールをするうえで、まずは組織設定が一番のベースとなる設定です。

この組織設定がないとマスタもトランザクションも登録できないです。

MMモジュールの根幹である組織設定について、わかりやすく解説していくので、まずはここを理解したうえで、マスタ・トランザクションと理解を進めていければと思います。

購買管理に関連する組織図概要

購買管理に関連する組織は、以下のような紐づきになっています。

MM_組織設定_紐づき

 

組織設定は、MMのみが使用するのではなく、他のモジュールでも使用します。

それぞれの組織の関連するモジュールはこのようになっています。

組織 関連モジュール
会社コード FI/CO/SD/MM
購買組織 MM
購買グループ MM
プラント SD/MM/PP
保管場所 SD/MM/PP

それではそれぞれの組織について解説していきます。

 

会社コード

会社コードは、名前の通り、会社単位(法人単位)に設定します。

会社コード単位に、B/S(貸借対照表)やP/L(損益計算書)を出すため、FI/CO部隊がメインとなって、組織設定します。

例えば、子会社や海外支社も同じSAPを使用する場合、会社コードを分けて管理します。

 

購買組織

購買組織は、仕入先と購買条件を交渉する組織単位で設定します。

購買組織は、会社コード・プラントに対して紐づけができます。

  • 会社コード:購買組織=N:N
  • プラント:購買組織=N:N

クライアントにより、購買組織を中央集権的に、購買組織:会社コード・プラントを1:Nにするケースもあれば、分散で購買組織:会社コード・プラントをN:1にするケースもあります。

購買組織設定イメージ

 

また購買組織は、購買情報マスタを設定するキーになります。

購買情報マスタとは、品目x仕入先の情報をセットするマスタです。

そのため、購買組織が多すぎてもマスタメンテナンスが大変になるので、保守も加味して設定粒度を決める必要があります。

 

購買グループ

購買グループは、購買をするグループや担当者単位で設定します。

購買グループは、どの組織とも紐づけはなく独立した組織設定です。

購買グループは発注伝票登録時に、誰が(もしくはどのグループが)登録したかを判別するために入力します。 そのため、発注伝票の検索キーとして使われます。

使用ケースとしては、発注の承認プロセスを回す際に、自分の承認する購買グループを指定し、承認処理をしたりします。

 

プラント

プラントは、在庫数量等の在庫情報の把握をします。

プラントは、棚卸資産を管理する単位で、在庫評価額を把握したい単位で設定します。

例えば、ABC株式会社という会社コードの配下に、「大阪工場」・「名古屋工場」・「仙台工場」といった単位で設定し、それぞれの工場単位で棚卸資産を把握します。

 

保管場所

保管場所は、プラントよりも細かい単位で在庫管理ができる組織設定です。

1プラントに対して、複数保管場所の設定が可能です。(プラント:保管場所 = 1:N)

プラントとの違いは、在庫評価額が管理できない点です。

保管場所は、あくまで在庫数量管理のみとなります。

 

サマリ

MM(購買管理)に関連する5つの組織設定について、解説してきました。

MMのマスタ・トランザクションを設定するうえで、最も重要で土台となる設定なので、まずはこの組織設定がどのような紐づきとなっているのか・それぞれどういう考えで設定すべきなのか というのを理解し、業務ユーザと検討を進めてみてください。

【MMに関連する組織】

  • 会社コード(法人単位)
  • 購買組織(仕入先と購買条件を交渉する組織単位)
  • 購買グループ(購買をするグループや担当者単位)
  • プラント(在庫評価額の管理単位)
  • 保管場所(プラントよりも細かい在庫数量管理の単位)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。