【SAP】製造バージョン設定方法について徹底解説!

【SAP】製造バージョン設定方法について徹底解説!

製造バージョンとは、BOMマスタと作業手順マスタの組合せ情報を設定するマスタです。

この記事では、製造バージョンの設定方法について解説していきます。

 

製造バージョンとは

製造バージョンとは、BOMと作業手順の組み合わせ情報を設定します。

そのため製品を生産するためのBOM(構成品情報)と作業手順(作業情報)の事前設定が必要です。

 

通常は、1つの組み合わせでよいのですが、会社によってはケースによって複数のBOMを使い分けたい・複数の作業手順を使い分けたいという要件があります。

例えば、季節変動で構成品の数量を夏と冬と春秋で使い分けたい場合、1つの製品に対して3つのBOMを保持することになります。(複数BOMは、BOMマスタの「代替BOM」で識別します)

作業手順も同様で、ロット単位によって作業時間を使い分けたい場合、1つの製品に対して複数の作業手順を保持することになります。(複数作業手順は、作業手順マスタの「グループカウンタ」で識別します)

 

製造バージョンでは、複数BOM・複数作業手順のそれぞれの組み合わせ上方をセットしていきます。

BOM1つ・作業手順1つでも、製造バージョンの設定は必須です。(S/4 HANAから設定必須になりました。)

 

製造バージョン設定の前提マスタ

製造バージョンを設定する前提として、BOMマスタ・作業手順マスタの設定が必要です。

PPマスタ_製造バージョン

製造バージョンは、BOM・作業手順の組合せの設定のため、生産品目が共通のBOM・作業手順を予め設定しておく必要があります。

 

製造バージョン登録(T-code:C223)

製造バージョンは、T-code:C223 で登録します。

 

ヘッダ

ヘッダでは、キー項目である以下項目を指定して、登録していきます。

項目名 意味
品目 生産品目の品目コード
プラント 生産するプラント

 

明細

明細では、BOM・作業手順の組合せを設定していきます。

※BOM・作業手順が1つずつの場合は、1明細でOKです。(1明細の場合も設定は必須)

 

品目

ヘッダと同じ品目(生産品目)を指定

 

製造バージョン

製造バージョン番号(4桁)を指定。

番号が小さいものがデフォルトになるため、製造指図で一番使うものを”0001″にしておくと便利。

 

有効期限日(開始・終了)

製造バージョンの有効開始日・有効終了日を指定。

 

ロットサイズ(From・To)

ロットサイズのFrom Toを指定。

事例として、ロットサイズごとに製造バージョン(BOM・作業手順の組合せ)を使い分ける運用もあります。

 

タスクリストタイプ

作業手順のタスクリストタイプを指定します。

PPで使用するタスクリストタイプは、以下2つのどちらかです。

  • 作業手順の場合:N
  • レート作業手順の場合:R

プロセス生産でレート作業手順を使用する場合は、Rを使用します。

 

グループ

作業手順マスタ登録時に採番されるグループを指定

 

グループカウンタ

作業手順マスタのグループカウンタを指定。

複数作業手順を保持する場合は、対象のグループカウンタを指定することが重要です。

 

代替BOM

BOMマスタの代替BOMを指定。

複数BOMを保持する場合は、対象の代替BOMを指定することが重要です。

 

BOM用途

BOM用途には、以下のコードを指定できます。

  • 1:生産BOM
  • 2:設計BOM
  • 3:一般
  • 4:プラント保全BOM
  • 5:受注BOM
  • 6:原価BOM

通常、PPモジュールを使用する場合には、1:生産BOMを指定します。

 

チェック処理

入力が完了すると、「チェック」ボタンをクリックします。

チェック処理では、BOM情報・作業手順情報に不整合がないかのチェックをします。

チェック処理ができると、ステータスが緑色になります。

 

製造バージョン変更・照会(T-code:C223)

製造バージョンの変更・照会は、登録と同じT-code:C223 で実行します。

キー項目である、品目・プラント を指定してします。

製造バージョン変更後も、チェック処理は必須です。

 

デフォルト製造バージョン

複数製造バージョン設定する場合、条件に合う製造バージョンの中で一番製造バージョンの番号が小さいものがデフォルトになります。

条件とは、ロットサイズや有効期限のことです。

生産計画・製造指図・原価計算に、どの製造バージョンがデフォルトで使用されるかが決まるので、ユーザと検討の上、製造バージョンの設定が必要になってきます。

 

(参考)PPマスタ解説記事

PP(生産モジュール)で使用されるマスタをこちらの記事で解説しています。

各マスタの意味や、マスタ同士の紐づきについて解説しています。

製造バージョンも、他のPPマスタの設定があって効いてくるので、こちらも参考に読んでみてください。

 

サマリ

ここまで製造バージョンの設定について解説してきました。

製造バージョンにて、BOM・作業手順の組合せを設定します。

S/4 HANA からは、製造バージョンの設定が必須になりました。

BOM・作業手順の組合せが1つしかない場合も、設定が必要です。

また、複数製造バージョンを設定する場合、どの製造バージョンをデフォルトにするか、検討が必要なため、ユーザに説明の上、設定していくことをおすすめします。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。