【副業】紙本の出版方法を徹底解説!

【副業】紙本の出版方法を徹底解説!

以前、私はKindle本の出版をしました。

※Kindle本の出版方法については、こちらの記事で解説してます。

【副業】Kindle本出版の方法を徹底解説!

 

Kindle本だけでも多くの方に読んでいただき、副業としても月5万円ほど入ってくるようになってきました。

これ、紙本も作ったら販路広がって、収入倍になるんじゃない!?

と思って紙本を作り始めましたが、紙本を作ってみて分かったことは、Kindleとは違い、

  • 見開きできれいに見える構成にしなければならない
  • ページ数を偶数に収めないといけない
  • カラーページは単価が高いので、できるだけグレースケールの図を使った方がよい

ということが分かりました。

 

正直、めんどくさいです。

Kindle本を作って、あー完成したー これ紙本にできるかなー なんて思ってましたが、全くそのまま使えるなんてありませんでした。

 

そんな私がなぜ紙本を頑張って作って出版しようと思ったのか、

なぜKindle本だけじゃダメだったのか

紙本を出版するまでのステップは何があるのか

ということを、この記事では解説していきます。

 

Kindle本の出版方法の記事を読んでいただいた方の中にも、紙本を出版したい! と思う方はいらっしゃると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

紙本を出版しようと思ったワケ

まずは紙本を出版しようと思ったワケをお話ししていきます。

Kindle本だけでも十分なのですが、なぜ紙本を出版しようと思ったか。

理由は2つあります。

  1. 多くの人に読んでいただきたかった
  2. Kindle本だけだと素人に思われる

 

①はシンプルに多くの人に「SAPの教科書」を読んでいただきたかったからです。

電子書籍を使う方が増えてきたとはいえ、まだまだ紙本で読みたいという方は多いです。

そんな紙本派の方にも読んでいただきたいので、紙本出版を決めました。

 

②はKindle本だけだと素人に見られるからです。

なぜ素人に見られるか?

それはKindle本の出版は、Wordで文字が書ける人であれば、誰でも簡単に出版できるからです。

 

このKindle本、素人が書いたな、と見る人が見たら分かりますし、こんなレベルの本が出版されてるの!? という本がKindle Unlimited では多くなってきています。

実際にKindle Unlimited に登録されて日々Kindle本を読んでいる方は、うすうす勘づいている人もいるかと思います。

 

「多くの人に読んでいただきたかった」、「ド素人に見られたくなかった」という気持ちから紙本の出版を決意しました。

 

紙本の出版パターン

紙本の出版といっても、2つのパターンがあります。

  1. 一般的な出版
  2. POD出版

 

①一般的な出版とは、出版社を通して本の出版をすることです。

例えば、KADOKAWAやダイヤモンド社といった出版社を通して本の出版をします。

ちなみに私はこちらのパターンです。(出版までにこぎ着けた方法は後ほどお話しします)

 

もう1つが②POD出版です。

POD とは、プリントオンデマンドのことで、すでにある原稿を印刷して製本して出版する方法です。

実際にお手軽なのは、こちらのPOD出版です。

Kindle本として出版した原稿のWordをPDFにし、PODサービスをしている出版社に送付するだけです。

 

POD出版の方法

私は初め、POD出版をしようと思っており、こちらもいろいろ調べたので、どうやって出版するのか、メリット・デメリットは何なのかをお話ししていきます。

 

POD出版の仕組み

POD出版とは、あなたのPDFの原稿を注文が入り次第、製本し、買ってくれた方に出荷までしてくれるサービスのことです。

あなたはPDFをPOD出版社に渡すだけで、あとはAmazonで紙本の注文が入るとPOD出版社が勝手に製本して、出荷までしてくれます。

そして、印税が月々入ってくる という仕組みです。

 

初期費用も不要なので、安心して始められます。

 

POD出版社の選び方

「POD出版」とネットで検索すると、数多くのPOD出版社が出てきます。

私も初めは、どの出版社がいいのか分かりませんでした。

 

Amazonのホームページに行くと、Amazonが推奨してくれている8つのPOD出版社があります。

迷った方は、こちらの8つの出版社から選ぶとよいかと思います。

AmazonPOD

 

ちなみに私は8社すべてに問合せをしました。

問合せの結果がこちらです。

出版社名 出版可否 値段 備考
インプレスR&D 2,250
学研プラス × 個人と取引なし
クリーク・アンド・リバー社 連絡なし
ゴマブックス 連絡なし
日本図書館事業協会 1,909
メディアドゥ PUDRID事業部 1,856
モバイルブック・ジェーピー × 個人との取引なし
ワイズネット × 個人と取引なし

 

8社の内、返信があったのが6社です。

そのうち3社は出版可能、3社は個人との取引はしておらず法人様との取引のみ とのことでした。

 

値段は、総ページ数・カラーページ数 で決まります。

私の「SAPの教科書」は、総ページ数:212、カラーページ数:99 でした。

 

POD出版をされる方は、8社すべて問合せるのは、面倒なので、黄色塗つぶししている3社(インプレスR&D、日本図書館事業協会、メディアドゥ PUDRID事業部)に問合せてみると良いかと思います。

 

POD出版のメリット・デメリット

POD出版のメリットは何といっても手軽さです。

PDFさえあればAmazonで紙本を販売できるので、すでにKindle本を出版されている場合は、紙本用に体裁を整えるだけで販売できます。

 

デメリットは2点あります。

1つは、Amazonなどのネットショッピングでしか販売できないことです。

本屋での販売はできないので、販路が限られます。

 

もう1つは販売価格が高くなることです。

POD出版は受注生産なので、注文が入り次第、製本します。

そのため大量生産し、コストを抑えることができないので、1冊当たりの価格が高くなってしまいます。

実際に私の本は、212ページなのですが、2,000円前後の価格になってしまいます。

最近の本を見ていると、200ページくらいであれば、1,500円前後が相場な感じがします。

 

一般的な出版社を通す方法

続いて一般的な出版社を通す方法のお話しをしていきます。

 

出版パターン

方法は2パターンあります。

  1. 出版社からお声をかけてもらう
  2. こちらから企画を持ち込む

 

①は、出版社の方がSNSやブログをチェックし、本にできそうなものがあれば、直接お声がかかります。

 

私は②のパターンです。

Kindle本を出版後、これは出版社を介してでも売れる! と確信を持てたので、企画を持ち込むことにしました。

 

パターン②の場合、2つのステップで企画を持ち込みます。

  1. 企画を持ち込む出版社の選定
  2. 提案メールの送信

 

まず①の企画を持ち込む出版社の選定についてです。

世の中には数多くの出版社がありますが、出版社にも特徴があり、それぞれが得意とする分野があります。

例えば、集英社であればマンガが得意ですし、KADOKAWAであればビジネス本が得意です。

私はシステム本が得意な出版社をネットで調査し、企画を持ち込みました。

 

私が調べた中で、システム本が得意な出版社は、こちらの9社です。

  • 技術評論社
  • BNN
  • 秀和システム
  • 翔泳社
  • ナツメ社
  • オーム社
  • 毎日コミュニケーションズ
  • ソシム
  • オライリージャパン

 

私の場合は、この中から3社に企画を持ち込みました。

ただ実際に返信があったのは、1社のみでした。(残り2社は返答がありませんでした。)

そのため、この1社と調整をし、出版の準備を進めている段階です。

 

企画を持ち込む方法は、出版社のホームページのお問合せから、本を出版したいこと、Kindle本での実績、ターゲット読者などを書き、送信しました。

3日後に担当者の方から、メールで返信がありました。

 

担当者とのやり取りでは、

  • メインターゲット・サブターゲットとする読者
  • 本の特徴
  • 競合との差別化ポイント
  • 本の仕様(サイズ、ページ数、印刷の色数、価格)
  • 著者の経歴

といったことを聞かれ、これを元に担当の方が企画書を作り、出版社内で企画を通すという流れでした。

 

企画はとおり、2021年夏に向けて、本を出版していく段取りとなりました。

 

本を出版するまでの流れ

出版社で企画が通ったのち、本を出版するまでは、以下の流れで進みます。

  1. 原稿の追加修正
  2. 脱稿
  3. 原稿整理
  4. 作図
  5. 初校作成・校正
  6. 再校
  7. 入稿
  8. 製本
  9. 発売

オレンジ太字にしたタスクが、著者でするタスクです。

初校校正・再校については、著者のみならず、出版社でもチェックが入ります。

 

企画が通ってから、発売までは3カ月ほどかかります。

 

一般的な出版社のメリット・デメリット

一般的な出版社を通すメリットは、3点あります。

  • 販路がネット・全国書店と広い
  • 販売価格を抑えられる
  • プロのアドバイスをもらえ、校正もしてもらえる

 

一般的な出版社を通す場合、POD出版と異なり、全国の書店でも発売されます。

量産もされるので、その分、価格も抑えられます。

また、出版に際し、こんな内容も追加してほしい、こんな図表もあった方が良い、というプロ目線のアドバイスももらえ、より充実した内容に仕上げられます。

校正もしてもらえるので、誤字脱字や見栄えなどのチェックを複数人でできるので、品質も担保できます。

 

一方でデメリットは、印税が少なくなることです。

PODの場合、Kindle本が70%、紙本が10~30%です。(紙本はPOD出版社によって印税率が異なります)

 

一般的な出版社の場合は、Kindle本も紙本も10%です。

ここは交渉の余地があるのかもしれませんが、ネットで調べると10%が相場とのことなので、初心者ということもあり、私は交渉しませんでした。

 

また、Kindle本も10%と手取りが少なくなります。

Kindle Unlimited は出版社により、Amazonとの契約の関係で、使える・使えないが決まっているみたいで、私とやり取りしている出版社はKindle Unlimited が使えません。

 

Kindle本の価格は、紙本価格の90%となります。(紙本が1,000円なら、Kindleは900円)

また、AmazonのセールでKindle本が安く販売されても、印税は本体価格の10%が入ってくるとのことです。

 

一般的な出版社は、販路が広がり、価格を抑えられるので、多くの方に購入いただけるチャンスが広がる一方で、Kindle本の70%印税がなくなるのが特徴です。

 

一般的な出版社から出版するのって初期費用はいるの?

私が懸念していたのは、初期費用がいるのか? ということです。

ネットで調べると、自費出版は30万円前後する という情報を見たからです。

 

実際、自費出版と出版社を通して出版するのは違うみたいです。

(私が企画を持ち込んだので、これって自費出版? と思ってましたが、違ったみたいです。)

 

出版社を通す場合でも、初期費用は不要で、表紙作成・校正・製本などのコストは、すべて出版社持ち都のことです。

そのため、一般的な出版社の場合も、安心して出版できます。

 

まとめ

紙本出版により、販路が広がるので、収入が大きくなることは間違いありません。

また、Kindleだけ出版している本に比べ、信頼性が増します。

 

出版は、PODであれば誰でも気軽に出版ができるので、サクッと出版したい方はおすすめです。

PODの方が、Kindle本や紙本の印税が高くキープできるので、もしかしたら、こちらの方がトータル収益は大きくなるかもしれません。

 

一方で、一般的な出版社の場合は、販路が書店まで広がるので、多くの人に読んでもらえる機会が増えます。

印税率は低くなりますが、その分、数多く売れるので、長い目で見るとこちらの方が良いのかもしれません。

 

まだ私自身、紙本の販売までこぎ着けていませんが、素人でも情報収集すれば、紙本を出版できることができます。

すでにKindle本の出版方法の記事を読んでいただき、Kindle本の出版をやってみる方は、ぜひ紙本の出版にもチャレンジしてみてください。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。