【SAPフリーランス】個人事業主を始めるときの必要な手続き!




SAPフリーランスを始めるにあたって、個人事業主として始める方は多いと思います。

個人事業主を始める! となると結構めんどうと思ってしまいがちですが、超絶かんたんです。

この記事では、個人事業主を始めるにあたって4つの必要な手続きをまとめています。

【5分で読めます】

 

やることは、以下の4つです。

手続き 場所 期間
①開業届出書の提出 税務署 開業から1カ月以内
②青色申告承認申請書の提出 税務署 開業から2カ月以内
③社会保険→国民健康保険への切替 市役所 前職退職から14日以内
④厚生年金→国民年金への切替 市役所 前職退職から14日以内

1つ1つ、どのような手続きが必要か、解説していきます。

開業届出書の提出

開業届出書は、国税庁のホームページからダウンロードします。

国税庁サイト:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続

 

<開業届出書の書き方>

開業届出書_書き方
# 記載内容
1 「開業」に○をつける
2 最寄りの税務署名
3 提出年月日
4 開業する住所(SAPフリーランスの場合は、自宅でOK)
5 個人事業主の名前
6 個人事業主の生年月日
7 マイナンバー
8 ITコンサルタントでOK
9 屋号 トクコンサルなど、、、
10 「開業」に○、開業する住所、個人事業主の名前
11 「事業(農業)」に○
12 開業日
13 「有」に○

(青色申告申請書を別で提出する場合は、「無」でOK)

14 事業概要 ITコンサルティング

 

青色申告承認申請書の提出

青色申告は、年間65万円の特別控除を受けるために必要です。

白色申告だと年間10万円までしか控除を受けられないため、青色申告を出す方がおトクです!

青色申告の場合、複式簿記をしなくてはなりませんが、ここは会計ソフトが自動でやってくれるので、青色申告にしておきましょう!

 

青色申告承認申請書は、国税庁のホームページからダウンロードします。

国税庁サイト:[手続名]所得税の青色申告承認申請手続

<青色申告申請書の書き方>

青色申告申請書_書き方
# 記載内容
1 最寄りの税務署名
2 提出年月日
3 開業する住所(SAPフリーランスの場合は、自宅でOK)
4 個人事業主の名前
5 個人事業主の生年月日
6 ITコンサルタントでOK
7 屋号 トクコンサルなど、、、
8 開業年
9 個人事業主の名前、開業する住所
10  「事業所得」に○
11 「無」に○
12 開業日
13 「複式簿記」に○

(複式簿記は65万円まで控除。簡易簿記は10万円まで控除)

14 「現金出納帳」「経費帳」「総勘定元帳」「仕訳帳」に○

(赤字は青色申告に必須)

 

社会保険→国民健康保険への切替

国民健康保険への切替には、健康保険被保険者資格喪失等証明書、身分証明書が必要です。

「会社で加入していた社会保険」と「国民健康保険」の相違点は、以下です。

項目 社会保険 国民健康保険
支払方法 給与天引き 自ら支払い(延滞すれば延滞料が発生するので要注意)
費用 会社が半分負担 個人が全額負担
雇用保険 失業すれば給付あり 雇用保険の付与がない
扶養制度 あり なし

 

退職後、社会保険の任意継続が2年間可能です。

社会保険料は、退職時の標準報酬月額で決まります。 継続する場合、2年間は保険料は変わりません。

いくらになるかは、会社の健康保険組合に確認するのが一番です。(このあたりが整備されている会社は、健康保険組合のホームページに掲載されています。)

実際に、国民健康保険の料金と比較してみて、社会保険を継続してもいいかもしれません。

以下が国民健康保険料金のシミュレーションサイトです。

<国民健康保険料金 シミュレーションサイト>

 

厚生年金→国民年金への切替

国民年金への切替には、健康保険被保険者資格喪失等証明書、年金手帳が必要です。

「厚生年金」と「国民年金」の相違点は、以下です。

項目 社会保険 国民健康保険
費用 国見年金分(16,410円)+厚生年金分(収入により) 16,410円
支払 会社が半分負担 個人が全額負担
扶養制度 あり なし

 

 

サマリ

個人事業主を開始するのに、ハードルが高くないことが分かったかと思います。

むしろSAPコンサルをこなせるあなたであれば、超絶かんたんなはずです。

無事開業ができれば、いよいよ案件仲介会社に案件を紹介してもらって、プロジェクト参画です。

サクっと開業タスクは済ませて、本業のSAPプロジェクトに参画できるようにしていきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。