【SAP】ロットトレースについて徹底解説!




最終製品がどの品目・ロットが使われて製造されたのか、原材料ロットがどの品目・ロットを製造するのに使われたのか、品質管理の面からトレースが必要なケースがあります。

SAPでは標準機能でロットトレースの照会ができます。

この記事では、ロットトレース画面の見方、使い方を解説します。

ロットトレースとは

ロットトレースとは、製品を作るのにどのロットを使ったのか といったロットの紐づきの機能のことです。

ロットトレースができることにより、顧客に販売した製品ロットが、どの半製品ロット・原材料ロットを使用して作られたのかを追うことができ、リコール対応がしやすくなります。

また、ロットトレースにはトップダウン型とボトムアップ型の2パターンがあります。

トップダウン型では、製品→半製品→原材料と、最終製品を起点にどの半製品ロットが使われたか、どの原材料ロットが使われたかをトレースができます。

ロットトレース_トップダウンイメージ

 

ボトムアップ型では、原材料→半製品→製品と、原材料を起点にどの半製品ロットに使われたか、どの製品に使われたかをトレースできます。

ロットトレース_ボトムアップイメージ
  • 製品に問題が発覚したときには、トップダウン型
  • 原材料に問題が発覚したときには、ボトムアップ型

を使います。

 

ロットトレース(T-code:MB56)

SAPでは、T-code:MB56 にてロットトレースが照会できます。

選択画面にて、

  • プラント
  • 品目
  • ロット
  • トップダウン or ボトムアップ

を選択し、実行するとロットトレース照会画面に遷移します。

 

SAPでは品目・ロットが紐づくのは、主に発注入庫・製造指図出庫/入庫・製品出荷など、伝票がキーとなります。

T-code:MB56でも、

    • どの購買発注伝票で入庫されたものなのか
    • どの製造指図で使われたものなのか
    • どの製造指図で生産されたものなのか
    • どの出荷伝票で出庫されたものなのか

ということが照会できます。

【MB56画面イメージ】

MB56イメージ

品目・ロット・伝票番号・数量に加え、ロット特性などロットにかかる情報も合わせて照会できます。

 

(Tips)ロットトレース精度アップのための運用検討

T-code:MB56のところでも解説したとおり、SAPでは「伝票」がキーとなりロットの紐づけが行われます。

その中でもロットトレースの精度を上げるために重要なのが「製造指図」です。

※購買発注や出荷は、ロットトレースの最初と最後なので、品目・ロットの紐づきが行われないため。

 

理由として製造指図に対して、”複数ロット指図出庫”や”複数ロット指図入庫”ということが可能です。

イメージとしては、以下のような感じです。

複数ロット指図出庫・入庫

 

例えば、製品 A0001 のロット:10005 を出荷した得意先からクレームが入ったとき、半製品 B0001 のどのロットに原因があったのか分からず、3ロットとも調査が必要になります。

複数ロット指図出庫・入庫_原因究明1

また、製品 A0001 のロット:10009 に半製品 B0001 のどのロットを使用したかも不明なため、リコール対象かどうか判別できないため、リコールせざるを得ない状況になります。

複数ロット指図出庫・入庫_原因究明2

 

製造指図に対して、複数ロット出庫・複数ロット入庫をした場合、ロットトレースの精度が悪いことを理解いただけたかと思います。

ロットトレースをするうえで、1ロット出庫・1ロット入庫がベスト なのですが、とはいえ運用上できないケースは多々あります。

SAPを導入するうえで、どこまでロットトレースを実現したく、どこまで製造実績計上の運用が可能かを加味したうえで、検討をしていく必要があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。