【SAP】ロットマスタについて徹底解説!




ロットマスタとは、ロット単位で在庫管理をしたい場合に、ロットの情報を保持するモノです。

この記事では、ロットマスタでどのような項目が保持できるのか、どのタイミングでロットが登録されるのか、変更可能なのか、ということを解説していきます。

ロットとは

ロットとは、同じ品目でも製造日や有効期限日など、別々に管理したい場合に使用します。

イメージとしては、以下のような感じです。

品目-ロット-在庫イメージ

品目マスタに対して、ロット情報を分けたい単位でロット100001, 100002, 100003 と登録し、それぞれのロットに対していくら在庫数量があるか という情報の持ち方をします。

 

ロット管理するか、非ロット管理とするかは、品目マスタにて設定します。

販売:一般/プラントビュー、購買管理ビュー、作業計画ビュー、プラント/保管場所1ビューにて設定可能です。(どれか1つにチェックを入れると他のビューにも反映されます)

 

ロットマスタの保持項目

ロットマスタは、T-code:MSC2N(変更)、MSC3N(照会)で確認できます。

ロットマスタには、以下の項目を保持できます。

項目名 備考
製造日付 有効期限日・次回検査日の起算日
有効期限日 在庫ステータスが「保留」となる日付
次回検査日 在庫ステータスが「品質検査中」となる日付
仕入先 仕入先コード(発注入庫で自動セット)
仕入先ロット 仕入先のロット番号
前回入庫日 最後に入庫した日付
ロット特性 ユーザ独自項目

ロット特性とは何か、設定方法については、こちらの記事で解説していますので、お読みください。

ノマドSAPコンサル
ノマドSAPコンサル
https://tokulog.org/blog/20201026/class_specification/
SAPコンサルのための情報発信サイト

 

ロットの登録タイミング

ロットは入庫時に登録されます。

ロットマスタのコード体系は、カスタマイズの番号範囲にて設定できます。

内部採番にしていれば、入庫処理時に自動採番されます。

入庫処理時に、製造日付を入力すれば、自動で有効期限日・次回検査日の値が入ります。 未入力の場合、入庫日を製造日付とすることもできます。

またロット特性は、入庫処理時に値設定可能です。

T-code:MIGO のロットタブの「分類」ボタンからロット特性の設定画面に遷移します。

 

ロットマスタの変更方法

ロットマスタは、T-code:MSC2N にて変更します。

ロットマスタ変更画面からは、有効期限日なども変更可能なため、内部統制的に変更処理をすること自体NGというケースもあります。

そのため、トランザクションバリアントにて変更OKとする項目のみを変更可としたT-codeを登録し、業務ユーザに付与したり、システム管理者に依頼し、変更してもらう という運用方法を取ることが多いです。

 

ロット在庫の照会方法

ロットマスタの情報も含めた在庫照会がしたい場合、T-code:BMBC(ロット情報コックピット)を使用します。

使用方法については、こちらの記事で解説してるので、読んでみてください。

ノマドSAPコンサル
ノマドSAPコンサル
https://tokulog.org/blog/20201013/display_stockinfo/
SAPコンサルのための情報発信サイト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。