【SAP】変更番号を使用した品目マスタ登録・変更について徹底解説!

品目マスタの登録・変更は通常、T-code: MM01(登録)、MM02(変更)を使用します。

この場合、登録・変更した時点で品目マスタが有効になります。

 

しかし、クライアントの要件として「将来日付で品目マスタを有効にしたい」ということがあります。

例えば、2022/1/1 時点で品目マスタの設定値を変えたいなど。

 

また、「品目マスタの設定変更履歴を取りたい」という要件もあります。

例えば、2022/1/1時点の設定と、2021/10/1時点の設定を見比べてみたいなど。

 

この2つの要件を満たせるのが「変更番号を使用した品目マスタの登録・変更」です。

変更番号を使用する場合、通常の品目マスタの登録・変更(T-code: MM01, MM02)とは異なりますので、この記事で詳しく解説していきます。

また変更マスタについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

【SAP】変更番号について徹底解説!

 

使用するトランザクションコード

変更番号を使用する場合、以下のトランザクションコードを使用します。

  • MM11(登録)
  • MM12(変更)
  • MM13(登録・変更の有効化)
  • CL20N(分類ビューの登録・変更)

詳しくはこれから解説していきますが、トランザクションコードの使い分けをまとめた表がこちらです。

変更番号を使用した品目マスタ登録・変更トランザクションコード_サマリ

 

MM11(登録)

予めT-code: CC01(変更番号登録)で登録しておいた変更番号をセットし、品目マスタの登録をしていきます。

登録方法は通常のT-code: MM01 と変わりませんが、分類ビューのみMM11 には存在しません。

 

MM12(変更)

使用方法はT-code: MM11(登録)と同様です。

MM12の場合、すでに登録されてある品目マスタを入力し、設定値の変更をしていきます。

こちらも分類ビューのみ存在せず、分類ビュー以外のビューの変更のみ可能です。

 

MM13(登録・変更の有効化)

MM13(登録・変更の有効化)は、通常のMM01, MM02とは異なるポイントの1つです。

MM11, MM12で将来日付時点の品目マスタ登録・変更をした後、有効開始日当日にMM13を実行する必要があります。

※マニュアルでの実行も可能ですが、忘れないようにジョブを組んでおくことをおススメします。

 

CL20N(分類ビューの登録・変更)

CL20N(分類ビューの登録・変更)は、通常のMM01, MM02とは異なる2つ目のポイントです。

分類ビューのみT-code: CL20Nを使用します。

注意すべき点は、MM11, MM12には分類ビューは含まれていません。

そのため、分類ビューとそれ以外のビューは、トランザクションコード別々で設定する必要があります。

CL20Nで変更した分類ビューは、MM13(有効化)を使用しなくても、有効開始日当日になれば、有効化されます。

 

また、MM11(登録)を使用して、将来日付で新規品目マスタを登録しようとした場合、有効になるまでCL20Nで分類ビューの登録ができません。

理由はテーブル:MARAにまだ品目マスタとして登録されていないためです。

そのため、有効になった後にMM01で分類ビューを拡張し、登録する必要があります。

 

サマリ

変更番号を使用し、将来日付で品目マスタの登録・変更をする場合、以下のトランザクションコードを使用します。

  • MM11(登録)
  • MM12(変更)
  • MM13(登録・変更の有効化)
  • CL20N(分類ビューの登録・変更)

使い方をまとめると、以下の図のようになります。

変更番号を使用した品目マスタ登録・変更トランザクションコード_サマリ

MM01, MM02のように登録・変更を即時有効にせず、月初に有効開始にしたいなどの要件は会社によってはあります。

その場合、MM11, MM12, MM13, CL20N を使用し、将来日付で品目マスタの登録・変更を実施することができます。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TK
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。