【SAP】代替無償出荷プロセスについて徹底解説!

【SAP】代替無償出荷プロセスについて徹底解説!

通常の販売で出荷した製商品に「不良品が混じっていた」、「数量が少なかった」、「間違った品目を出荷した」などの得意先からクレームに対し、代替品を無償で再提供をする必要があります。

SAP標準でも代替無償出荷プロセスがあります。

この記事では、代替無償出荷の考え方・プロセスについて解説していきます。

代替無償出荷とは

代替無償出荷とは、得意先に出荷したモノが不良品だったなどの場合、代わりのモノを再度無償で提供することです。

実際に私も楽天で購入したブレンダーを2,3回使っただけで、モーターが焼け焦げて使えなくなったので、購入先に問合せをし、新品を再発送していただいたことがあります。

これと同じことは、通常の販売業務でもありうる企業はあるかと思います。

SAP標準でも代替無償出荷プロセスがサポートされており、どのように処理していくか解説していきます。

 

代替無償出荷プロセス

まず全体感から掴んでいただきたいため、こちらのプロセスフローを使って説明していきます。

代替無償出荷プロセスフロー

青部分の通常の販売プロセス(受注 → 出荷 → 請求)の後、受注参照で「代替無償出荷受注」を登録し、「代替無償出荷」をしていきます。

(得意先へ請求後、不良品や数量不足のクレームがあったため、代替品を無償で再出荷する。ということを想定)

 

代替無償出荷受注登録(T-code:VA01)

得意先からクレームがあったのちに、代替品を無償出荷する という判断が入った場合、代替無償出荷のための受注を登録します。

代替無償出荷受注は、大元の受注伝票参照で登録します。

伝票タイプ:“SD”

 

受注伝票登録画面では、以下の項目をセットします。

  • 受注理由に、代替無償出荷の理由をセット
  • 出荷数量をセット

※得意先・品目などは、受注伝票参照登録のため、自動で導出されます。

 

代替無償出荷(T-code:VL01N)

代替無償出荷は、通常の販売プロセスと変わらず、代替無償出荷の受注参照で出荷伝票登録・出庫確認をします。

販売プロセスについては、こちらの記事で解説していますので、気になる方は読んでみてください。

【SAP】販売プロセスについて徹底解説!

 

また、代替”無償”出荷のため、請求処理が後続で発生しません。

これは、コピー管理にて予めコンフィグで設定しておきます。

コピー管理については、こちらの記事で解説していますので、気になる方は読んでみてください。

 

サマリ

代替無償出荷の考え方・プロセスについて解説してきました。

モノを販売している企業にとって、代替品を無償で再出荷する業務はどこでもあるものです。

この記事を読んで、代替無償出荷について少しでも理解いただけたら幸いです。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

とく
製造業界、素材産業にて、SAP ERPの導入・保守を経験。会社の情報システム部門→外資系コンサル会社→育休→独立(フリーランス)。 SAP導入プロジェクトの仕事をする傍ら、SAPに関する情報をブログで発信。