【SAP】総勘定元帳転記プロセス(FI-GL)について徹底解説!

【SAP】総勘定元帳転記プロセス(FI-GL)について徹底解説!

総勘定元帳管理では、会社のすべてのお金のやり取りを管理します。

総勘定元帳は、SAP FIのFI-GLサブモジュールにあたり、総勘定元帳=GL(General Ledger)の略です。

 

総勘定元帳では、会社のすべての会計取引が管理されるため、SD(販売)やMM(調達)を起点に得意先・仕入先とやり取りした売買金額の情報も連携されます。

いわば、SAP FIの中心サブモジュールと言えます。

FI-GL_サブモジュール連携イメージ

この記事では、総勘定元帳(FI-GL)とは何か、総勘定元帳の転記プロセスについて解説していきます。

総勘定元帳(GL)とは

「総勘定元帳」とは、会社のすべてのお金の取引を管理する台帳のことです。

そのため、総勘定元帳にはこのようなお金のやり取りが記録されていきます。

  • 得意先からのお金の受取
  • 仕入先へのお金の支払
  • 銀行口座への振込・引出
  • 税務署への税金の支払
  • などなど。。。

このように、すべてのお金のやり取りが自動で記録 or マニュアルで記録をしていきます。

 

自動で記録と言いましたが、SAPは販売・調達機能もあります。

そのため、販売での売上(債権)・調達での支払(債務)が自動で連携される仕組みになっています。

(マニュアルで人が勝手に売上計上したり、お金の支払ができてしまうと、不正のもとになりますからね)

 

債権・債務のプロセスは、こちらの記事で解説しているので、気になる方は読んでみてください。

 

SAPでは債権・債務については、自動で総勘定元帳に連携されます。

そのためこの記事では、その他のお金のやり取りを直接、総勘定元帳に転記するプロセスを解説します。

その他と言っているのは、

  • 振替
  • 銀行口座への振込・引出
  • 税務署への税金支払

など、SAPでは他の業務から自動で連携されない、会計のみで処理をするプロセスのことです。

 

総勘定元帳転記プロセス

それではSAPの総勘定元帳の転記プロセスが、どのように進んでいくかお話していきます。

 

が、総勘定元帳の転記は、T-code:FV50(G/L勘定伝票入力)で実行するだけです。

(※T-code:FB01(会計伝票登録)でも同様に登録できます。)

 

しかし、いきなり総勘定元帳にお金の記録が登録されることは、不正のもとになるので、

  • 承認プロセスを設ける
  • トランザクションコードを使い分けて、権限制御する

といったことをします。

 

会計伝票のステータス

承認プロセスを設けるために重要なのが、会計伝票のステータスです。

SAPには3つの会計伝票のステータスがあります。

  • 保留
  • 未転記
  • 転記

それぞれ、どのような意味があるかというと、

  • 保留は、担当者が入力しただけの状態
  • 未転記は、担当者が入力完了し、承認者にチェックをもらえるた状態
  • 転記は、承認者がチェックをし、総勘定元帳に記録された状態

 

会計伝票登録には、この会計伝票ステータスを頭に入れたうえで、承認プロセスを考える必要があります。

 

権限制御に使えるトランザクションコードの考え方

【保留・未転記(担当者向け)】

いきなり会計伝票転記ができるトランザクションコードは、Vシリーズだと覚えてください。

  • T-code:FV50(G/L勘定伝票入力)
  • T-code:FV60(仕入先請求書入力)
  • T-code:FV70(得意先請求書入力)

ここでは、入力する伝票タイプによって、トランザクションコードを分けます。

 

  • T-code:FBV1(未転記伝票登録)
  • T-code:FBV2(未転記伝票変更)

伝票タイプ問わず、すべての会計伝票の保留・未転記ができます。

 

【転記(承認者向け)】

いきなり会計伝票転記ができるトランザクションコードは、Bシリーズだと覚えてください。

  • T-code:FB50(G/L勘定伝票入力)
  • T-code:FB60(仕入先請求書入力)
  • T-code:FB70(得意先請求書入力)

ここでは、入力する伝票タイプによって、トランザクションコードを分けます。

 

  • T-code:FB01(転記伝票登録)
  • T-code:FB02(転記伝票変更)
  • T-code:FB05(消込転記)
  • T-code:FB08(伝票反対仕訳(取消))

伝票タイプ問わず、すべての会計伝票の保留・未転記ができます。

 

これらのトランザクションコードを、適切なユーザに割り当てて、業務プロセスフローを検討することで、監査上、問題のない業務ができるようになります。

 

参考:総勘定元帳レポート

総勘定元帳レポートには、以下の10種類があります。

  • T-code:FBL3N(勘定コード明細照会)
  • T-code:FS10N(G/L勘定残高照会)
  • T-code:FAGLB03(勘定コード明細照会(G/Lビュー))
  • T-code:FAGLL03(勘定コード明細照会)
  • T-code:S_PL0_86000028(財務諸表:実績/実績比較)
  • T-code:S_E38_98000088(利益センタグループ:計画/実績/差異)
  • T-code:S_ALR_87012284(財務諸表)
  • T-code:S_ALR_87012357(消費税レポート)
  • T-code:S_P00_07000134(源泉徴収税レポート)
  • T-code:FBICR3L(グループ内債権/債務明細照会)

 

まとめ:総勘定元帳転記はその他の会計データ計上

総勘定元帳は、会社のすべてのお金の取引を管理します。

SAPでは、販売・調達から売買のデータが連携され、自動で会計データが登録される仕組みになっていましう。

そのため、総勘定元帳転記は販売・調達以外の会計データ計上のために、マニュアルで会計伝票を登録します。

この記事を通して、総勘定元帳転記の方法、権限・承認プロセスの考え方について、理解いただければと思います。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です